マンガン(Mn)

マンガン(Mn)

マンガンは、骨の発育に重要な働きをしています。
カルシウムやリンと協力して骨の形成を働きかけ、骨や関節を上部にする補酵素として関わっています。
また、炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質の代謝にかかわる酵素の成分、抗酸化作用のある酵素の構成成分として不可欠です。

マンガンを多く含む食品

栗、アーモンド、大豆、くるみ、ゴマ、ヘーゼルナッツ、納豆、しょうが、精白米、玄米 など

マンガンを多く含む食品

取りすぎると?

普通の食事で過剰症は起こりません。

不足すると?

欠乏すると、骨の成長阻害や生殖機能意匠外が見られます。
しかし、マンガンは必要量が少ないうえ、多くの食品に含まれているので、不足する心配はまずありません。

上手な取りかた

普段の食生活においては不足する心配はほとんどありませんが、植物性食品の摂取が少ない人やインスタント食品や
加工食品を多く食べる人は意識して摂取したいミネラルです。

健康維持に欠かせない 「ミネラル」へ戻る

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事