カリウム(K)

カリウム(K)

カリウムは、ナトリウムとともに体液を構成する主要成分で、細胞内に多くふくまれています。
細胞外に多いナトリウムと作用し合いながら、細胞内外の水分調節や、細胞の浸透圧を維持しています。
また、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを防ぎ、尿への排泄を促すため、血圧を下げる作用があり、高血圧予防の栄養素として有効です。
また、酵素の反応を調節する働きもあります。

カリウムを多く含む食品

いも類・アボカド・昆布・ひじき・バナナ・大豆 など

カリウムを多く含む食品

取りすぎると?

・高カリウム血症
・心不全
・胃腸の不調、下痢

不足すると?

普通の食事で不足する事はまずありません。
しかし、下痢、嘔吐、利尿剤の長期服用などにより、カリウム排せつ量が増えると、脱力感や食欲不振といった欠乏症状があらわれる場合があります。

上手な取りかた

カリウムは調理による損失胃が大きいため、ゆでたり煮たりすると30%ほどが水に溶け出してしまいます。
そのため、料理では煮汁も一緒に取ると効率よく摂取できます。
インスタント食品をはじめとした加工食品ばかりに頼らず、新鮮な果物や生野菜等の自然の食品を摂取することも心がけましょう。

健康維持に欠かせない 「ミネラル」へ戻る

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事