カルシウム(Ca)

カルシウム(Ca)

カルシウムは体内に最も多く存在するミネラルで、成人の体重の約1~2%を占めてます。このうち、99%は骨や歯の堅い組織に存在しています。
残りの1%は、血液、筋肉、神経、酵素などに存在し、血液凝固や筋肉収縮、神経の興奮抑制などに働きます。

カルシウムを多く含む食品

乳製品、煮干し、干しえび、小松菜、ほうれん草、ひじき など

カルシウムを多く含む食品

取りすぎると?

カルシウムは、取りすぎても尿とともに排せつされるので、それほど心配する必要はありませんが、
過剰に取りすぎるとカルシウム沈着による腎結石や動脈の石灰化、それによる高血圧などがみられます。
日本人のカルシウム摂取量じゃ不足状態にあるので、むしろ欠乏症が心配です。

不足すると?

  • 骨折、骨粗しょう症
  • 肩こり、腰痛
  • 神経過敏(イライラする)

上手な取りかた

カルシウムの吸収を促進するもの

カルシウムが腸管で吸収される率は低く、牛乳・乳製品で役40%、小魚で役30%、野菜で20%未満です。
吸収率の高い牛乳・乳清悲運が元も効率的にカルシウムを取ることができます。
これらを毎日取ることを習慣づけると良いでしょう。
また、カルシウムの吸収を促す働きがあるビタミンDを多く含む食材と同時に『接種すると、吸収率が高まります。
(ビタミンDのページへリンク)

カルシウムの吸収を抑制するもの

リン、食物繊維などは取りすぎると腸管からのカルシウムの吸収を妨げるため、取りすぎに気をつけましょう。

リン(P)
生活習慣病を予防する 「食物繊維」

健康維持に欠かせない 「ミネラル」へ戻る

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事