くる病におすすめのレシピ

くる病におすすめのレシピ

くる病ってどういうもの?

「くる病」とは、子どものときに骨の形成に必要なカルシウム・リンが骨に十分に沈着せず、骨が柔らかくなり、変形や成長障害を起こす疾患です。遺伝性の場合もありますが、栄養素の不足によるものが大半を占めます。歩き始める1歳頃に発覚することが多いです。

どんな症状があるの?

骨が柔らかく曲がりやすく、そして、伸びにくくなります。実際には、下肢が曲がる(O脚やX脚)、低身長、転倒しやすくなる他、頭蓋骨が柔らかい、虫歯になりやすいなどの症状があります。

症状
くる病の状態
体重の加重に耐えられずに
骨が湾曲した状態

くる病の原因は?

くる病の原因は、カルシウム・リン・ビタミンDの不足が考えられます。
骨の形成に必要なカルシウムやリンが不足した場合、弱い骨ができる原因となります。

また、ビタミンDは、腸でのカルシウム・リンの吸収を促進する働きを持ち、骨への沈着調整にも関わっているため、不足すると骨軟化が起こります。

健康管理士からのワンポイント
『適度な日光は大切!』

近年、紫外線による皮膚ガンのリスクや、皮膚の老化リスクを過度に気にかける傾向にあります。そのため、乳幼児・小児期にも紫外線に当たることを避けるよう推奨する風潮があり、くる病が増加しています。

しかし、カルシウムやリンの吸収を促進するビタミンDは、紫外線に当たることで皮膚で合成をすることができるため、ある程度の日光浴は大切です。ビタミンD不足によるくる病の発症予防のためにも、幼少期には外に出て元気に遊び、適度に日光を当たるようにするとよいでしょう!

どうしたら予防・対策ができるの?

  • 適度に紫外線を浴び、皮膚でのビタミンD合成を促す
  • カルシウム・リン・ビタミンDを食事から補う

※リンは様々な食品に含まれているため、一般的に不足する可能性は低い栄養素です

予防(くる病)

食事

積極的に取り入れたい 栄養素や食品
栄養素 作用 多く含む食べ物
カルシウム 骨や歯の形成 牛乳、ヨーグルト、チーズ、小魚、小松菜 など
ビタミンD カルシウムの腸管での吸収促進 サバ、イワシ、サケ、卵黄、きのこ など

おすすめ健康レシピ

サケときのこのクリームスープ

サケときのこのクリームスープ

カルシウムを多く含む牛乳やほうれん草、ビタミンDを多く含むサケやきのこを使ったレシピです。栄養満点のお腹も心もほっこりと温まる料理ですので、ぜひ作ってみて下さい♪

管理栄養士・健康管理士からアドバイス

今回は、サケを使ったレシピです。サケは、皮が綺麗な銀色をしており、身は鮮やかなオレンジ色で、身がぎゅっとしまっているものが新鮮です。また、パックの底にドリップ(身から出る汁)が溜まっていないものを選ぶのも鮮度のよい魚を選ぶポイントです。

サケは身がオレンジ色をしているため赤身魚だと思われがちですが、実は白身魚です。身がオレンジ色なのは、アスタキサンチンという赤い色素をもつためです。アスタキサンチンは、体内でビタミンAとして働くため、抗酸化作用が期待できます。

また、魚に含まれるDHAやEPAなどの魚油は、血液をサラサラにしてくれる働きがありますので、成人では、動脈硬化予防にもオススメです。

材料(2人分) 分量
さけ 2切れ
しめじ 1/2パック
ほうれん草 1/2束
バター 10g×2
小麦粉 少々
牛乳 200cc
100cc
コンソメ 小さじ2
塩コショウ 少々

エネルギー(1回分):300kcal

作り方

  1. サケは小さめに切り、塩コショウをして小麦粉をまぶしておく。
  2. シメジは石突をとり、ほうれん草は3~4cm幅に切る。
  3. フライパンにバターを入れ熱し、サケを両面焼き、一度取り出す。
  4. 空いたフライパンにバターを入れ、しめじ、ほうれん草を加え軽く炒める。
  5. 牛乳、水、ブイヨンを加え、3のサケを戻し入れる。
  6. 沸騰したら弱火にて5分ほど煮込み、塩コショウで味を調えて完成!

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事