セレン(Se)

セレン(Se)

体内に存在するセレンの量はわずかですが、ビタミンC、Eと同様に抗酸化作用があるため、老化防止やがんを抑制する動きが注目されています。

セレンを多く含む食品

いわし、わかさぎ、かれい、ねぎ、ビール、たら、内臓類、玄米、さんま、卵、ほたて貝、あさり、えび、かに、カキ、かつお など

セレンを多く含む食品

取りすぎると?

セレンは毒性が比較的強く、錠剤などで過剰に取ると中毒を起こします。

  • 脱毛
  • 下痢、嘔吐
  • しびれ

不足すると?

通常の食事量では不足の心配はありませんが、不足すると下記のような症状が現れる可能性があります。

  • 動脈硬化
  • 克山病(中国で発見された心筋障害の一種)

上手な取りかた

セレンは主に魚介類に多く含まれているので、和食を中心とした食事を取る事が大切です。
食の洋食化の影響で摂取の機会が減少傾向にあります。
植物性食品は土壌中のセレン濃度に大きく左右されます。
また、ビタミンEと一緒に取ると、抗酸化作用がよりアップし、老化やがんを予防するとして注目されています。
ビタミンE

健康維持に欠かせない 「ミネラル」へ戻る

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事