造血のビタミン 「ビタミンB12」

造血のビタミン 「ビタミンB12」

ビタミンB12の特徴

赤血球の合成を促す

葉酸と協力して赤血球のヘモグロビンの合成を促し、悪性貧血を予防します。不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球ができたりします。

神経の働きを正常に保つ

ビタミンB12は神経が正常に働くのを助け、精神の安定、集中力、記憶力を向上させる働きがあります。

細胞の合成や修復を助ける

核酸(DNA・RNA)は、体が遺伝情報通りに細胞をつくるよう指示を出す物質です。ビタミンB12はこの核酸の合成や、細胞の材料であるタンパク質の合成に関わっているため、不足すると正常な細胞がつくられなくなります。

ビタミンB12を多く含む食品

あさり、さんま、牛レバー、牛乳 など
ビタミンB12を多く含む食品

不足すると?

  • 悪性貧血
  • 神経障害
  • 食欲不振
  • 疲労感、倦怠感
  • 不眠症

上手な取り方

ビタミンB12はレバーや魚の血合肉など良質のタンパク質を含む食品に多く含まれています。熱には比較的安定していますが、光によって分解されやすいのが特徴です。

注意が必要な人は?

植物性の食品にはほとんど含まれていないため、玄米菜食主義の人や、ベジタリアンの人は注意が必要です。サプリメント等で補給する必要がありますが、植物性食品でも納豆、味噌、しょうゆなどの発酵食品には微生物の働きによりビタミンB12が含まれています。
また、ビタミンB12が胃で吸収される時には、胃壁から分泌される物質と結合する必要があるため、胃を切除した人やヘリコバクター・ピロリ菌に感染している人、胃液の分泌の少ない人は、この物質が不足してビタミンB12の吸収がうまくできなくなります。

三大栄養素の潤滑油 「ビタミン」へ戻る

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事