血行促進のビタミン 「ビタミンE」

血行促進のビタミン 「ビタミンE」

ビタミンEの特徴

体内を酸化から守る

ビタミンEは細胞膜に広く存在しています。
細胞膜を構成するリン脂質には不飽和脂肪酸が多く含まれ、これが活性酸素によって酸化すると過酸化脂質が生じ、細胞が傷ついて老化が進行します。
ビタミンEは強い抗酸化作用を持っているので、細胞の代わりに酸化されて、細胞の老化を防いでくれます。
また、血液中のLDL-コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防する働きなどもあります。

血行を良くする

ビタミンEには、末梢血管を拡げ、血行を良くする働きがあることから、
血行障害によって生じる肩こりや頭痛、冷え性、しもやけなどの改善効果が期待されています。
全身の血行が良くなることで新陳代謝が活発になり、肌にハリが出てきます。

ビタミンEを多く含む食品

植物油、アーモンド、うなぎ、かぼちゃ など
ビタミンEを多く含む食品

取り過ぎると?

ビタミンEを過剰に取り続けていると、筋力低下や疲労、出血しやすくなるなどの症状を起こすといった報告もあります。

不足すると?

  • 溶血性貧血
  • 動脈硬化
  • 冷え性、しもやけ、肩こり、頭痛(血行が悪くなるため)

上手な取り方

ビタミンA・Cと一緒に取る

抗酸化作用の強いビタミンAや、抗酸化力が低下したビタミンEの作用を再び回復させるビタミンCを一緒にとることで、
抗酸化力が一層高まります。

油で調理する

ビタミンEは脂溶性ビタミンであり、油との相性がよいため、油を使って料理すれば、体への吸収も良くなります。ただし、古い油にはビタミンEを不活性化する過酸化脂質がたまっているケースが多いので、新しいものを使うようにしましょう。

三大栄養素の潤滑油 「ビタミン」へ戻る

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事