しもやけにおすすめのレシピ

しもやけにおすすめのレシピ

しもやけってどういうもの?

しもやけは別名、凍瘡(とうそう)とも言います。
冬の寒さや冷えにより、血行が悪くなることで起こる炎症のことを言います。

健康管理士からのワンポイント
『チェックしてみよう!しもやけに見られる症状』

当てはまる項目がいくつあるか確認してみましょう!

□ 手や足が全体に赤く腫れている
□ 手足の指、手のひら、足の裏(ふち)に赤い発疹がある
□ 手足の指が赤黒く変色している
□ 暖かいところでは痒くなり、寒いところでは痛む
□ 靴を履くときや、歩くと痛みを感じる

チェックがいくつつきましたか?
1つでも当てはまる方は、しもやけの可能性がありますので、この後の内容をよく読んで解消に努めましょう!

どんな症状があるの?

しもやけの症状には大きく分けて2つの種類があります

樽柿型(たるがきがた)

指や足が全体的に腫れて膨らむような症状で、子供に多くみられます。

多形滲出性紅斑型(たけいしんしゅつせいこうはんがた)

手や足先、鼻先、耳たぶなど体の末端部分に赤紫色の発疹が出来るような症状で、大人の女性に多くみられる。

しもやけの症状

いずれの場合もひどくなると、水疱が生じ、さらにそれが破れてびらん(ただれ)を引き起こします。

しもやけ

大人よりも子供、また男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。
ひどい場合は夜寝ることができないほどの痛みや痒みに襲われることもあるため、出来る限り早めの処置を心がけることが大切です。

しもやけの原因は?

一番の原因となるのは、一日の気温差と皮膚表面の温度と言われています。
昼夜の気温差の激しい冬に特に起こりやすく、しもやけになりやすい人の多くは冷え性の方が多く、体質や遺伝も少なからず影響していると言われています。
また、しもやけ対策で重ね履きしているはずの靴下が、しもやけの原因となっている可能性があります。
重ね履きした靴下のゴムが足を締め付けることで、足首から下への血流が悪くなるのです。
重ね履きをするときは、締め付けの少ない柔らかい素材のものを選ぶとよいでしょう。

くつした

どうしたら予防・対策ができるの?

体を冷やさない

体を長時間冷やさないことが第一です。冷えることで血行が悪くなり、しもやけの症状が進行していくからです。外出をする際は、マスクや手袋、マフラーや厚手の靴下などを身につけ、特に末端部分を冷やさないように心がけましょう。また、手や足先を軽くマッサージするだけでも血行が良くなります。
しもやけ対策をしている人と、そうでない人ではしもやけの出来る確立は大きく変わってきます。
しっかりと予防対策をしましょう!
*しもやけは放っておくと悪化してしまうので、治らない場合は早めに皮膚科へ行くことをおすすめします。

防寒グッズ

基礎代謝を高める

しもやけになりやすい方は冷え性のことが多いので、基礎代謝を高め体温を上げましょう。ランニングやウォーキングなど有酸素運動を習慣にしてみることや、軽い筋トレやストレッチを取り入れてみるなど、出来ることから始めてみましょう。
風呂上りのストレッチもおすすめです♪

ウォーキング

食事

積極的に取り入れたい栄養素
栄養素 作用 多く含む食べ物
タンパク質 筋肉のもとになる 牛肉、豚肉、鶏肉、卵、牛乳、乳製品、魚、大豆
ビタミンE 血管拡張、血行を良くする いくら、たらこ、かぼちゃ、アーモンド、アボカド
ビタミンC ストレス耐性のホルモンを生成 アセロラ、赤ピーマン、めキャベツ、レモン

おすすめ健康レシピ

アボカドたっぷりたらもサラダ

アボカドたっぷりたらもサラダ

ビタミンEが豊富なたらことアボカドをたっぷり使用した、血行改善サラダです。
レモン汁とじゃがいもに含まれるビタミンCで、さらに効果UPが期待できます。
また、レモン汁をアボカドにかける事で、褐変し茶色くなってしまうのを防いでくれます。
今回はアボカドの皮を器として使用してみました!見た目も可愛くおしゃれになるので、ぜひ試してみて下さいね♪

管理栄養士・健康管理士からアドバイス

今回はたらこを使った料理をご紹介します!
たらこの旬は、11~1月です。親はタラの一種であるスケトウダラです。
皮が破れておらず、ふっくらとしていて形の良いものを選ぶようにしましょう。
たらこに含まれるビタミンEには、血管拡張作用があるため、末梢血管を広げ血流の改善に効果的です。
さらにビタミンCと一緒にとることで、ビタミンEの働きがUPするのでおすすめです♪

材料(2人分) 分量
たらこ(生) 大さじ2
アボカド 半分
じゃがいも 2個
マヨネーズ 大さじ2
塩コショウ 適量
レモン汁 少々
砂糖 少々
パセリ 少々

エネルギー(1人分):225kcal

作り方

  1. じゃがいもはよく洗って、皮をむき一口大に切って、耐熱皿にのせラップをかけてレンジで加熱する。竹串がすーっと通る位になったらOK。
    マッシャーで押しつぶし塩コショウをして、冷ましておく。
  2. アボカドは縦半分に切り(皮は器として使うのでとって置く)種を取る。スプーンで身をくり抜き、1.5cmのさいの目に切ったら、レモン汁をかけ、全体にまわるように軽く混ぜておく。
  3. 1が冷めたら、たらこ、アボカドを入れ、マヨネーズ、砂糖、塩コショウで味を調える。
  4. とって置いたアボカドの皮に、3を盛り付け、パセリを振りかけたら完成♪

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事