ビニール肌におすすめのレシピ

ビニール肌におすすめのレシピ

ビニール肌ってどういうもの?

ビニール肌とは、バリア機能の役割がある肌表面の角質層がはがれて薄くなり、キメがなくなってしまった状態の肌を指します。

ビニール肌は、ビニールのようにテカテカしている見た目から、その名前で呼ばれています。

ビニール肌は一見、美肌のように見えるため、気づきにくく知らないうちにどんどん進行していきます。

そのため、放っておくとシワやたるみなどの肌の老化を招いてしまいます。
特にスキンケアを一生懸命やっている美容マニアの方が陥りやすい傾向にあります。

正常な肌とビニール肌

どんな症状があるの?

ビニール肌の代表的な症状は、下記のものが挙げられます。

  • 乾燥しやすい
  • 炎症やニキビが出来やすい
  • 赤みが出たり刺激を感じやすい
  • 皮脂の量が増えてきた
  • 洗顔後でも肌がテカる
  • 化粧品をつけるとヒリヒリする
  • 肌がツルツルでテカテカしている

など

症状

健康管理士からのワンポイント
『ビニール肌チェック』

チェックリストを使って、自己診断をしてみましょう。当てはまる項目が多いほどビ
ニール肌度合いが高いといえます。

□ 赤みや黒ずみ、シミが気になってきた
□ 小じわが増えた
□ 洗顔はすればするほどいいと思っている
□ 洗顔後、化粧水をすぐつけないと肌がつっぱる感じや痛みを感じる
□ 洗顔直後から肌がテカる
□ 肌が乾燥しやすい、かゆくなりやすい
□ 触るとスベスベしている気がする
□ スキンケアをしているのに、肌トラブルが起こりやすい
□ いつもと同じスキンケアなのに肌がヒリヒリする
□ 皮脂量が増えた
□ 化粧ノリが悪い

ビニール肌の原因は?

ビニール肌の原因は、大きく3つが挙げられます。

過度な摩擦ダメージ

洗顔時にゴシゴシと強く洗ったり、洗顔後にゴシゴシとタオルで顔を拭くと過度な摩擦ダメージにより、角質が薄くなってしまいます。

過度なスキンケア

過度なスクラブやピーリングは、必要な角質までも剥がしてしまいます。

また、強力なクレンジングや過度な洗顔、熱いお湯での洗顔、刺激の強い化粧品の使用などは、肌に負担がかかり、角質層が薄くなる原因となります。

ターンオーバーの早期化

通常、肌はターンオーバー(新陳代謝)をくり返して日々生まれ変わっています。

しかし、ビニール肌の人は、過剰な肌への刺激やストレス、睡眠不足などによってターンオーバーを早めてしまっています。

ターンオーバーが異常に早期化してしまうと、未熟な状態の角質細胞が角質層を形成してしまい、角質層が薄い状態になってしまいます。

どうしたら予防・対策ができるの?

ビニール肌を予防するためには、肌を外部刺激から守り、潤いを維持する働きがある角質層を薄くさせないことが大切となります。

そのためにも、下記のことに気を付けるようにしましょう。

スキンケア

  • クレンジングはオイルではなく、クリームやミルクタイプのものを使用しましょう
  • 洗顔時やスキンケア時は擦らないようにしましょう
  • 洗顔時は、ぬるま湯でたっぷりの泡を使って行いましょう
  • 保湿をたっぷりして、肌のバリア機能の回復を促進させましょう
  • 肌断食をして角質が復活するのを待ちましょう

生活上の注意点

  • 肌は寝ている間につくられるので、質のよい睡眠をとるようにしましょう
  • 適度に運動をすることで、肌の新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌を促しましょう
  • ストレスをためないようにしましょう
  • 日傘や帽子などで紫外線対策をするようにしましょう

食事

バランスのよい食事で、体内から肌の状態を整えることが大切です。
特に下記の栄養素を意識して摂取するようにしましょう。

積極的に取り入れたい栄養素
栄養素 作用 多く含む食べ物
たんぱく質 皮膚の構成成分 牛すじ、鮭、マグロ、牛スジ
ビタミンA 皮膚を正常に保つ レバー、あんこうきも、うなぎ、春菊
ビタミンB2 皮膚細胞の発育促進 レバー、魚介類、納豆、ほうれん草、卵
ビタミンC コラーゲン合成、皮膚の強化 ブロッコリー、ほうれん草、じゃがいも
ビタミンE 血行促進、炎症抑制 アーモンド、すじこ、かぼちゃ、赤パプリカ
亜鉛 皮膚の新陳代謝促進 牡蠣、うなぎ蒲焼き、いわし煮干し

おすすめ健康レシピ

鮭とブロッコリーのクリームシチュー

鮭とブロッコリーのクリームシチュー

鮭に含まれるアスタキサンチンを効果的に摂取するためには、煮るのがおすすめです。

また、ビタミンCと一緒に摂取することで抗酸化力が増す傾向にあります。

今回は、鮭とビタミンCを豊富に含むブロッコリーを使って、鮭とブロッコリーのクリームシチューを作ってみましょう♪

管理栄養士・健康管理士からアドバイス

ビニール肌予防におすすめの食材は鮭で、旬は、9~11月です。
鮭には消化・吸収のよい良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

また、ビタミンAやビタミンB2、ビタミンCを含むほか、皮のすぐ下にはDHA、EPA、コラーゲンが蓄えられています。
鮭を食べる際は、皮ごと食べることがおすすめです。

鮭の身に含まれる赤色の色素であるアスタキサンチンは、細胞の老化を抑える強い抗酸化作用、美肌や美白作用があります。

アスタキサンチンは、脂溶性なので脂分と一緒に摂取することで吸収率が高まります。

材料(2人分) 分量
2切れ
少々
こしょう 少々
小麦粉 大さじ1/2
ブロッコリー 60g
しめじ 1パック
玉ねぎ 1個
にんじん 1/2個
バター 大さじ1
牛乳 1カップ
薄口醤油 小さじ2
(A) 洋風スープの素 1/2個
(A) 湯 1/2カップ

エネルギー(1人分):390kcal

作り方

  1. 鮭は3等分し、塩とこしょうをふり、小麦粉を全体にまぶす
  2. ブロッコリーは、洗って小房に分けてサッと茹でる
  3. しめじは小房に分け、玉ねぎはくし切り、にんじんは乱切りにする
  4. フライパンにバターを入れて、1.を両面焼いたら取り出す
  5. フライパンに3.を入れて炒め、小麦粉をふってさらに炒める
  6. (A)を混ぜて溶かしたら5.に加えて5~6分弱火で煮る
  7. 6.に牛乳、4.を入れて沸騰したら弱火で3~4分煮る
  8. 7.を塩、こしょう、薄口醤油で味を整えて、器に盛り付けたら出来上がり

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事