抗酸化作用が強い 「ポリフェノール」

抗酸化作用が強い 「ポリフェノール」

ポリフェノールの特徴

ポリフェノールは、植物が光合成を行う時にできる物質の総称です。
糖分の一部が変化したもので、植物の葉や花、樹皮などに成分として含まれており、植物自身が生きるために持っている物質ですが、人間の体内に入っても、抗酸化物質として有効に働くことが分かっています。
ほとんど全ての植物に存在する成分で、たくさんの種類があります。

働き

強力な抗酸化作用

抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を除去する作用があり、動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。

種類

種類 期待できる効果 多く含む食品
カテキン ・殺菌作用
・抗酸化作用
・抗アレルギー
・抗がん作用
・虫歯、口臭予防
・腸内環境改善
・緑茶
アントシアニン ・目の機能改善
・視力向上
・抗酸化作用
・なす
・ブルーベリー
・ぶどう
カカオマス
ポリフェノール
・抗アレルギー
・動脈硬化予防
・チョコレート
・ココア
大豆イソフラボン ・骨粗しょう症予防
・女性ホルモンのバランス調整
・大豆
・大豆製品
クルクミン ・解毒作用
・胆汁分泌促進
・抗酸化作用
・ウコン茶
・カレー粉
ショウガオール ・血行促進
・消化促進
・殺菌作用
・しょうが
フェルラ酸 ・抗酸化作用
・しみ予防
・玄米
・米ぬか
ルチン ・血管強化
・血圧降下
・アレルギーの改善
・そば

ポリフェノールを多く含む食品

注目の成分 「フィトケミカル」へ戻る

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事