頻尿におすすめのレシピ

頻尿におすすめのレシピ

頻尿ってどういうもの?

一般的には、朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。
しかし、お酒を飲んだ時や水分を多量に飲んだときには、当然排尿回数は増えます。
これは水分を排出する自然な生理反応であるため、頻尿ではありません。

夜間頻尿

昼間の排尿の回数は正常だが、夜の睡眠時に何度も尿意を生じる症状をいいます。
眠ってから起床するまでに、1回以上の排尿が目安となります。
40歳以上の男性で、約4500万人が症状を有しています。

日中と夜

どんな症状があるの?

以下の項目が頻尿の代表的な症状です。

頻尿の症状

排尿の回数が極端に増える

頻尿の言葉のごとく、排尿の回数が増える症状を示します。

1回当たりの排尿量が少ない

正常な健康状態であれば、1回当たりの平均排尿量は約200~300mlですが、
排尿量が明らかに少なくなった場合には、頻尿の可能性が高いです。

残尿感

尿が全て放出されずに膀胱に残るため、残尿感を感じます。

痛み

痛みの生じるタイミングは大きく分けて2つあり、膀胱に尿が溜まっていくときに生じる痛みと、排尿時に生じる痛みです。
炎症の起きている箇所によって痛みの生じるタイミングが異なります。

トイレ

頻尿の原因は?

以下のような原因が考えられます。

過活動膀胱

頻尿の原因で最も多い原因です。

健康管理士からのワンポイント
『頻尿の原因で最も多い“過活動膀胱”』

過活動膀胱では、膀胱に尿が十分に溜まっていないのにも関わらず、膀胱が勝手に収縮し、尿意を催して我慢できずトイレに何回も行くようになります。
高齢になればなるほど有病率が高く、原因の多くが加齢によるものです。
過活動膀胱は日本で800万人以上の男女が罹患する頻度の多い病気です。

その他の原因

  • 前立腺肥大症(男性)
  • 膀胱炎・間質性膀胱炎(女性)
  • 尿路感染
  • 腫瘍(膀胱がん)
  • 脳梗塞や脳腫瘍による脳機能の障害
  • 糖尿病
  • 過度なストレス
  • 冷え

極端な排尿回数時や、原因として病気が疑われる場合には、早期に泌尿器科専門医を受診しましょう。

どうしたら予防・対策ができるの?

頻尿の原因は様々であり、その要因にあった予防を行う必要があります。

骨盤底筋体操

骨盤底筋を鍛えることで、尿道を引き締めましょう。

  1. 肛門や膣周辺の筋肉を締め付けるように、ゆっくりと呼吸をしながら5~10秒ぎゅっと力を入れます。
  2. 次に、締めた筋肉を緩めてリラックスした状態に戻していきます。

この動作を毎日10セット程繰り返すことで頻尿や尿失禁を改善することができます。

泌尿器

トイレを我慢する

意識的にトイレを我慢する時間を持ちます。
最初は数分から始め、慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていきましょう。
あまりに長時間の我慢は体に負担となりますので無理のない範囲で行いましょう。

ストレス回避

ストレスの原因となるものをできるだけ回避し、ストレス解消に繋がる趣味や運動を取り入れましょう。また、十分な休養をとり生活習慣を正すことが大切です。

食事

コーヒーやアルコールなど利尿作用の強い飲み物は就寝前は避けるようにしましょう。
また、下記の栄養素を含んだ食品を積極的にとりましょう。

積極的に取り入れたい栄養素
栄養素 作用 多く含む食べ物
カリウム 腎機能の改善 山芋、アボカド、納豆、里芋、ほうれん草、モロヘイヤ、大豆製品
ビタミンE 血液循環の促進 ナッツ類、くるみ、たらこ、いくら、モロヘイヤ、パプリカ、
マグネシウム 筋肉の収縮調整 海藻、大豆製品、あさり、いくら、銀杏
ショウガオール、アリシンなど 冷えの改善 しょうが、にんにく、にら、ねぎ

おすすめ健康レシピ

山芋のステーキ

山芋のステーキ

山芋を使って今回は簡単ほくほくステーキを作りましょう♪
旬の山芋をたくさん食べて頻尿を改善しましょう!味付けの醤油は少な目にすると、食塩が抑えられて、より頻尿対策につながりますね!
あと一品ほしいときにオススメのレシピです!ぜひ作ってみてください!

管理栄養士・健康管理士からアドバイス

今回は山芋を使った料理をご紹介します!山芋の旬は11~1月です。
山芋はカリウムとマグネシウムを豊富に含む食材であり、カリウムは腎臓による尿の濃縮作用に関わるため、不足すると薄い尿となり頻尿となります。
また、マグネシウムは筋肉の収縮に関与し、尿道括約筋の働きを促すことができます。

美味しい山芋の選び方は、断面が白くみずみずしいものを選ぶことです。
また、皮が茶色く、ひげ根が少ないずっしりと重みのあるものを選ぶとよいでしょう。

材料(2人分) 分量
山芋 15cm位
塩コショウ 少々
マヨネーズ 大さじ1
醤油 少々
かつお節 お好みで
ごま油 適量

エネルギー(1人分):110kcal

作り方

  1. 山芋は皮を剥き1cm位の厚さに輪切りにする。
  2. フライパンを熱しごま油を引いたら、山芋を入れてこんがりと焼き色がつくまで焼く。
  3. 焼き色が付いたら塩コショウをし、マヨネーズ、醤油を加えよく全体に絡める。
  4. お皿に盛り、かつお節をかけたら完成♪

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事