お肌の基礎は食事から!美肌食でつるつる、ぴかぴか肌作り!第5弾 ~スーパー大麦~

お肌の基礎は食事から!美肌食でつるつる、ぴかぴか肌作り!第5弾 ~スーパー大麦~

美肌食の第5弾は、「スーパー大麦」です。
食物繊維が豊富で美容にも良いと評判のスーパーフードの一つとして注目されている食品です。

今回は、大麦とスーパー大麦の違いや成分の特徴をご紹介します。

美肌食

美肌食 スーパー大麦!

スーパー大麦の特徴

スーパー大麦の特徴として、普通の大麦に比べると水溶性食物繊維は約2倍、レジスタントスターチと呼ばれる難消化性デンプンが約4倍も多く含まれているといわれています。
スーパー大麦は消化酵素による分解を受けることなく、大腸まで届くと言うメリットがあります。

スーパー大麦の特徴

レジスタントスターチとは

レジスタントスターチは、水にとけないデンプンの一種(難消化性デンプン)です。
消化されない(レジスタント)デンプン(スターチ)という意味で、糖質であるにもかかわらず食物繊維と同じような働きをします。
また、ビフィズス菌などの栄養となり、善玉菌を増やす働きに優れています。

現代人の食事による食物繊維は不足しがち

国民健康・栄養調査によると、日本人の食物繊維摂取量は下がり続け、厚生労働省が策定した食事摂取基準の数値をここ数年下回っています(食事摂取基準2015年/50~69歳/男性20g/日、女性18g以上/日)。
毎日の食事では不足しがちな食物繊維を補うことが大切です。

大麦とスーパー大麦の違いとは

大麦とスーパー大麦の違いはレジスタントスターチの含有量だといわれています。スーパー大麦にはレジスタントスターチが多く含まれています。
レジスタントスターチは良質の炭水化物で、小腸内で消化されにくく大腸の奥まで天然食物繊維を届ける事が出来るので、腸内環境の改善効果が期待されます。

スーパー大麦が体に与える良い影響

腸内環境がよくなることで腸内の老廃物や毒素が効率的に体の外へ排出されますので、体内を毒素が巡りにくくなるというメリットもあります。
血液がキレイになって、その結果お肌の調子もよくなるという美肌効果も期待できます。

腸内環境がよくなる

おすすめレシピ

スーパー大麦をサラダに混ぜたり、白米と一緒に炊く簡単な方法もありますが、ここでは少しアレンジしたレシピをご紹介致します♪

スーパー大麦のキーマカレー

材料
材料名 分量(2人分)
スーパー大麦 45g
玉ねぎ 40g
にんじん 20g
ピーマン 1個
トマト 1/2個
にんにく 1片
適量
A 塩 適量
A しょうゆ 小さじ1
A トマトケチャップ 12g
A カレー粉 小さじ1
スーパー大麦のキーマカレー
作り方
  1. スーパー大麦と水200mlを鍋に入れて強火にかけ、沸騰したらザルにあける。
  2. ①を鍋に戻して、ひたひたの水を入れて火にかけ15~20分程度茹でる。麦が柔らかくなれば、水気を切っておく。
  3. 玉ねぎ、にんじん、ピーマンは粗みじん切りにし、トマトはざく切り、にんにくはみじん切りにする。
  4. お鍋に油を熱して、にんにく、玉ねぎを中火で炒め、にんじん、ピーマンを加えて炒める。
  5. 茹でたスーパー大麦とトマトを加えて、トマトがしんなりしたらAを加えて、トマトからでた水分がなくなるまで煮込んで出来上がり。

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事