NASAも注目! キヌアのチカラ

NASAも注目! キヌアのチカラ

皆さん、キヌアって知っていますか?小さな粒の穀物ですが、実は今、世界が大注目している食材なのです!
女性に嬉しい効果もあるので、これから詳しくみていきましょう♪

キヌア

キヌアの歴史

NASAが「21世紀の主要食」として宇宙食に推奨しているのが、アンデス山脈一帯が原産地のキヌアです。
かつて栄えたインカ帝国では「穀物の母」と呼ばれ、神聖な作物とされていました。
高山の厳しい気候ややせた土壌でも成長し、沢山の実を付けるので、貴重な栄養源として食されてきました。

1993年にはNASAの週刊誌は「1つの食材が、人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりそれに近いものである。」と述べています。

近年、欧米諸国でキヌアの栽培や食品としての評価に関する研究が進んでいます。
さらに2013年は国連が「国際キヌア年」であると制定しました。
国連事務総長も「世界キヌア年を機に食料・栄養安全保障、貧困撲滅、持続可能な農業の分野でキヌアが持つ潜在力についての理解が広がることを期待する」と述べています。

キヌアの栄養素

一見、普通の穀物のようですが、白米と比べると、日本人に不足しがちな鉄分は約5倍、カルシウムは約6倍、食物繊維は約10倍も含まれているのです。
また、タンパク質は約2倍も含まれているだけでなく、体内で作ることができない必須アミノ酸の全てがバランスよく含まれているのです。

必須アミノ酸9種類のバランスを表すアミノ酸スコアは豚肉やあじ、牛乳、卵で「100」と必須アミノ酸がバランスよく含まれていますが、キヌアのアミノ酸スコアは「85」と動物性たんぱく質の代わりにもなるといえます。

ちなみに精白米のアミノ酸スコアは「56」です。キヌアの栄養価の高さがわかります。
さらに、体内で女性ホルモンと似た働きをする「フィトエストロゲン(植物性エストロゲン)」も含んでいます。
忙しくてホルモンバランスが乱れがちな女性や更年期の症状でお悩みの方、骨粗しょう症予防、乳がんのリスクを減らすことなどにも効果が見込めおすすめです。
栄養素の話をしてきましたがキヌアは含まれる脂質も不飽和脂肪酸のリノレン酸やオレイン酸です。不飽和脂肪酸はコレステロールを抑え血中脂質のバランスを整えます。

キヌアを食べるメリットはまだあります。近年注目を集めている、食べた後に血糖値が上昇する度合いをあらわした「GI値」。
穀物の一種と言いながらキヌアはこのGI値が低いため、血糖値が急上昇せず肥満や糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などのリスクも下がるのです。

女性に嬉しい効果

キヌアのおすすめレシピ

キヌアはクセがあまりないので、ごはんに混ぜたり、茹でてサラダにトッピングしたりと色々な料理に活用できます。
今回は、スープに入れるだけの簡単レシピをご紹介します!
パスタの代わりに加えるとグルテンフリーのミネストローネになります。

ミネストローネ

材料 目安量(2人分)
玉ねぎ 1個
さつまいも 1/2本
大根 100g
ニンジン 1/2本
パプリカ(黄) 1個
キヌア 5~10g
トマト缶 1/2缶
200cc
砂糖 小さじ1
少々
オレガノ 適量
ローリエ 1枚
コショウ 少々
オリーブオイル 大さじ1

ミネストローネ

作り方
  1. 野菜を1.5~2cmの角切りにする。硬いものは小さめに、柔らかいものはやや大きめに切る。
  2. 鍋にオリーブオイルを温め、玉ねぎを炒める。
  3. 続いて他の野菜を硬い順に加えて炒める。油が全体にまわったら、トマト缶と水、キヌア、オレガノ、ローリエを加える。
  4. グツグツと沸騰してきたら、砂糖を加える。
  5. さらに弱火で10分程煮込む。
  6. 野菜が柔らかくなったら塩とコショウで味を整え、できあがり。

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事