魔法の塩レモン

魔法の塩レモン

最近、レモンを塩漬けにした「塩レモン」が話題となっています。
幅広いメニューに活用できると、様々なメディアに取り上げられています。

今回は、そんな美肌や胃腸にも良い魔法の調味料を詳しくご紹介していきます。

魔法の塩レモン

塩レモンとは?

塩レモンは、レモンを丸ごと塩漬けにして発酵させた調味料で、レモンの爽やかな香り付けにもなることから、「香りの調味料」とも呼ばれています。
モロッコなどのアフリカ料理ではおなじみの調味料で、タジン鍋などの煮込み料理などにも使われています。
レモンに含まれるクエン酸は代謝を活発にし、効率よくエネルギーを生み出してくれます。
また、レモンの香り成分のリモネンには食べ過ぎを予防する効果もあると言われているので、ダイエットにもぴったりの調味料なのです。

塩レモンのレシピ

塩レモン

材料名 分量
国産レモン 3個
粗塩 50~60g
レモン
作り方
  1. レモンを良く洗い、水気を切る
  2. ヘタを切り落としてくし切りにする
  3. 保存容器に塩、レモンの順に交互に重ねて入れる
  4. 冷蔵庫で1週間ほど密封保存すれば完成

※酸が強いので、金属容器は避けるようにしましょう。また、使用した包丁もなるべく早く洗ってくださいね!
※アレンジで、ローリエやブラックペッパーを(粒)を入れてもワンランクアップします

出来上がった塩レモンは、レモンの部分を刻んでヨーグルトに入れたり、サラダにトッピングしても美味しく召し上がれます。
また、エキスに肉を漬け込むと、肉がやわらかくジューシーになります。

ヨーグルト サラダ

鶏肉の塩レモン焼き

材料名 分量
鶏胸肉 1枚
★砂糖 大さじ1
★醤油 小さじ1/2
★塩レモンの汁部分 大さじ3
★酒 小さじ1
★ブラックペッパー 少々
★塩 少々
大さじ1
塩レモン
作り方
  1. 鶏胸肉はフォークでいくつか穴をあけて、包丁の背で肉を叩く
  2. フライパンに油をしき、鶏肉を皮目を中火でこんがりと焼く
  3. ボウルに★の調味料を混ぜ合わせ、②の鶏肉を入れて5~10分放置する
  4. フライパンに鶏肉を戻し、フタをして弱火で身の面をじっくり焼く
  5. 鶏肉を取り出して、フライパンに残った余分な油をキッチンペーパーでふきとる
  6. ③の調味料をフライパンで煮詰める
  7. 鶏肉を食べやすい大きさに切り、⑥のソースをかけて完成

著者アイコン著者紹介

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 所属の精鋭の管理栄養士と健康管理士からなるグループのユニット。
それぞれ得意の分野や興味のある分野を活かし、詳しく知りたい食や健康の情報、話題のスーパーフード、旬のスイーツ…など、様々なコラムを掲載いたします。

この記事を
シェア
Twitter
Facebook
LINE
hatenaブックマーク
URLをコピー

URLをコピーしました

食や健康について学ぶ

関連記事

おすすめ記事