INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

きのこの力で腸内美人♪

腸は体の免疫の60~70%を担っている部分であるといわれています。また、腸内環境が悪いと、肌荒れを起こすことも…。
免疫力を高めてキレイでいるためには“腸内環境”がキーワードになりそうですね!

大腸

<腸の働き>
腸の働きを簡単にいうと「体のデトックス」です。体の中の不要なものをどんどん排出させる働きをしています。この働きが衰えてしまうと便秘となり、体の中に老廃物がどんどんたまってしまうようになります。すると、たまった老廃物に含まれる有害物質が血管に吸収され、全身を巡って肌荒れにつながることもあります。
さらに、腸は全身の約60〜70%にあたる免疫細胞が常に異物の排除に励んでいます。腸内環境が悪化すると免疫細胞が元気に働くことができなくなり、免疫力の低下につながりやすくなります。

腸を元気にする食材
腸を元気にするためのオススメなのがきのこ類です。
きのこ類は水溶性の食物繊維が豊富で腸内の善玉菌のエサとなります。また、きのこ類にはβグルカンという栄養素が含まれており、体の中に侵入した細菌や異物を排除したり、感染した後の発病を抑制する抵抗力を与える働きがあるといわれています。さらに、血中コレステロールや血糖値、中性脂肪を低下させる働きもあると報告されています。
このほかにも、代謝を助けるビタミンB群カルシウムの吸収を高めるビタミンDも豊富に含まれています。

きのこ類

<おすすめレシピ>
<いろいろきのこと小松菜の胡麻和え>
材料(2人分) 分量
好きな生きのこ 200g
小松菜 200g
A.白すりごま 大さじ1
A.めんつゆ 大さじ1
A.砂糖 大さじ1

<作り方>
  1. きのこはほぐし、小松菜は3cm程度に切る。
  2. フライパンできのこ→小松菜の順で弱火で焼く。
  3. 2.がしんなりしたら、熱いうちにAと合わせる。
いろいろきのこと小松菜の胡麻和え
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。