INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

学ぼう! 和食のマナー 〜箸・器の扱い方〜

前回の料理の並べ方や、和室でのマナーは勉強になったわ!
その他の和食のマナーについても教えて欲しいな!!
今回は、前回の「和食のマナー」の続き、お箸や器の扱い方について学びます!
和食をいただくときのいちばんの要は、「お箸の使い方」です。
お箸をきれいに使えるように、日ごろから習慣づけておきたいものです。

<お箸の持ち方のポイント>
「箸先五分、長くて一寸」が正しい箸づかいの作法といわれています。
箸先を汚してよいのは一寸すなわち3センチまで、と覚えておきましょう。
お箸をおくときは、食事に使って汚れている箸先3センチほどを、箸置きから出しておきます。
お箸

<お箸の取り上げ方のポイント>
箸の上げおろしは、片手で行わずに、必ず左手も添えて、両手でていねいに行うようにしましょう。
  • 箸先をそろえて、右手で静かに持ち上げます。
箸の取り上げ方@
  • 左手で下から受けるように、箸の中央の部分に添えて持ちます。
    このとき、指先はきちんとそろえておきましょう。
箸の取り上げ方A
  • 右手を箸の下から受けるように持ち替えます。
    箸を置くときは逆の動作をします。
箸の取り上げ方B
  • 使うときは、箸の間に中指をはさみ、上の1本を親指と人差し指で持って動かします。
箸の取り上げ方C

<器を持ってから箸を取るとき>
器を持ってから箸を取るときそのまま箸を片手で持ち上げて使いはじめるのは、マナー違反です。
箸を右手で持ち上げ、中央よりやや箸先寄りの部分を左の小指と薬指の間にはさみます。
右手を箸の下から受けるように持ち替えて使います。
箸の上げおろしは、ふだんの食事では問題にはなりませんが、正式な食事では大切なことです。
急には身につかないので、ふだんの食事から意識して心がけるようにしましょう。

<割り箸を使うときに気をつけること>
箸の上げおろしは、片手で行わずに、必ず左手も添えて、両手でていねいに行うようにしましょう。
  • 箸置きがない場合は、箸袋を折って結びます。
割り箸を使うとき@
  • 割り箸を右手で水平に持ち、左手で下の1本を持って、上下に力を入れて割ります。
    箸先を上にして左右に割るのは、見た目もよくないので厳禁です。
    割ったあと、箸をこすり合わせてささくれをとるのは、品のない印象になるので、ささくれは手でとりましょう。 
割り箸を使うときA
  • 食事が終わったら、「使用ずみ」とすぐにわかるようにしておくと、さりげない思いやりが感じられます。
    箸先を結んだ箸袋の間にはさむか、箸袋に戻し、1/3ほどを下側に折り返しておきましょう。
割り箸を使うときB

<箸づかいのタブー>
知らず知らずのうちに、まちがった箸づかいをしていませんか?
いざというときに恥ずかしくないように、チェックしておきましょう。
  • 迷い箸
    どれを食べようかと迷って、箸を持ったまま器の上をうろうろする。
  • 箸のタブー_なめ箸寄せ箸
    箸を使って器を近くに寄せたり、押したりする。
  • もぎ箸
    箸に付いた米粒などを口でもぎとる。
  • なめ箸
    何もはさんでいない箸先を口に入れたり、なめる。
  • 刺し箸
    食べ物を箸で突き刺して食べる。
  • 箸のタブー_渡し箸指し箸
    箸で人や物をさし示す。
  • 渡し箸
    食事中や食後に箸を器の上に渡しておく。
  • 探り箸
    盛りつけた手前から取らずに、器の中からより分けてとる。
  • 箸のタブー_拾い箸押し込み箸
    料理を口にほおばり、箸で押し込もうとする。
  • 拾い箸
    箸と箸とで料理を渡し合う。
  • 涙箸
    煮物の汁やしょうゆなどをポタポタとたらしながら口に運ぶ。

<手皿はマナー違反>
食べ物を箸で口元に運ぶときに、つゆをこぼしたり食べ物を落としたりするのを防ごうとして、左手の手のひらを、お皿のようにして口元に持っていったりしていませんか?
この「手皿」はマナー違反で、品のよい食べ方ではありません。
手に持ってよい料理の器や、小皿などは、必ず左手で持っていただくようにしましょう。

<手に持ってよい器といけない器>
●手に持ってよい料理の器
汁物の椀、刺身の小皿、あえ物の小鉢、天ぷらなどのつけ汁の器、お重やどんぶりなどです。
手に持ってよい料理の器

●手に持ってはいけない料理の器
刺身の盛り皿、焼き魚・煮魚の器、天ぷらなどの器、数人盛りの大鉢などです。
手に持ってはいけない料理の器

社会人として付き合いも多く、和食を食べる機会も多いことと思います。
このような時に和食のマナーやルール・作法を身につけていると、緊張もせず、また、周りの人からの印象も更によくなることでしょう。
マナーを知っているだけで、より人間関係をスムーズにしていけることと思います。

Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。