INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

今さら聞けない! 調味料の基本 〜塩編〜

今回は、どの家庭でも比較的よく見かける調味料の1つである塩についてご紹介させていただきます。
塩の種類や役割などを知って料理をしてみると、食事のレパートリーが広がること間違いなしです!
塩

<塩は生命に必要不可欠!!>
体液のミネラル組成(ミネラルのうち約8割が塩)は海水とほとんど同じといわれ、私たちの体にとって塩は必要不可欠だということが分かります。 しかし、塩は体内でつくり出すことはできないため、食べ物として摂取しなくてはなりません。

<塩の種類>
塩は専門店があるほど種類が多く、料理によって使い分けをしている人が増えています。
塩は大きく分けて、
  • 海水塩(主に)
    (海水などの塩水からつくられる塩のうち、乾燥した気候を利用して天日蒸発だけで結晶させた塩を天日塩と呼ぶ)
  • 岩塩
    (地殻変動で海水が陸に閉じ込められ長い年月をかけて結晶になったもの)
  • 湖塩
    (陸に閉じ込められた海水が岩石に変化する途中のもの。湖で採れたものを湖塩と呼ぶ)
の3種類になります。
そして、それらの塩をアレンジしたものとして、藻塩・焼塩・フレーバー塩などがあります。

塩の種類

<料理と塩>
塩は料理をつくる上で、味の決め手となる重要な役割を担っています。塩は味をつけるだけではなく、「食材を柔らかくする」「たんぱく質を固める」「水分を出す」「変色を防ぐ」「細菌の繁殖を抑える」「冷やす」などがあります。
また、料理によって、ちょうどいい塩加減があります。
  • 味噌汁→約0.8%
  • 単品で食べるおかず→約1.0%
  • ご飯と一緒に食べるおかず→約1.5%

<塩スイーツ>
最近では、塩を使ったスイーツをよく見かけます。スイーツといえば、"甘い食べ物"ですが、甘味を引き立てる役割として、塩を使っているようです。スイカに塩をかけると甘味が増すことと似ていますね!

<塩スイーツの種類>
塩キャラメルや塩アイスクリーム、塩チョコレート、塩プリン、塩チーズケーキなどがあります。
今回は自宅で簡単にできる塩スイーツをご紹介致します♪
○塩マフィン
材料(5〜6個分) 分量
無塩バター 60g
砂糖 15g
ひとつまみ
2個
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 4g
≪下準備≫
  • バターは室温に戻しておく。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、ふるっておく。
  • オーブンを180℃に予熱しておく
<作り方>
  1. ボールにバターを入れ、泡立て器でよく混ぜる。砂糖を加え、さらに混ぜ、クリーム状にする。
  2. 塩を加え、溶き卵を数回に分けて加えて、その都度よく混ぜる。
  3. 牛乳を加えて、混ぜる。
  4. 予めふるっておいた、薄力粉とベーキングパウダーを加えて、さっくり混ぜる。
  5. マフィン型に生地を入れ、180℃のオーブンで30分焼いて完成♪
    塩は、お好きなフレーバー塩でもいいですね!
塩マフィン

塩の摂り過ぎには注意をしながら、その調理特性を理解し、楽しく調理をしましょう!
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。