INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

夏太りにご用心!

夏は汗をいっぱいかくし、食欲も落ちがちだから痩せやすい時期だというけれど、なかなか痩せないのはどうしてかしら…?
体重計

<なせ夏太りするの?>
「夏痩せ」という言葉を耳にしますが、実は夏は冬よりも太りやすい季節です。夏太りする理由には大きく分けて2つあります。

@気温の高さ
気温が高く、暑い日が続くと体温を上げる必要がなく、基礎代謝は冬よりも低下しがちです。そのため、同じ量を食べたとしても夏の方が太りやすくなります。
夏太りの理由

A食事
夏は、口当たりの軽いものが欲しくなりますよね。おやつにアイスクリームや菓子パンなどの甘くて脂質の多いものを食べがちです。普段の食事でも、そうめんや冷たいうどんなどを食べる機会が多く、炭水化物が多くなりがちです。さらに麺類中心になると、どうしても肉や魚、野菜の摂取量も減ってしまい、栄養素が偏ってしまいます。

夏はそうめんやうどんだけなど穀類単品の食事では、炭水化物の摂取量が多くなり、夏太りの原因となってしまいます。食べたものををエネルギー源として使うためには、ビタミンB群が大切です。ビタミンB群はウナギや肉、レバー、大豆製品に多く含まれています。昔からウナギは、夏バテしない食材として食べられてきましたが、特に炭水化物の代謝に関わるビタミンB1の1日分の必要量を100gで補える優秀食材なのです。
また、おやつを食べるときは、アイスクリームよりもビタミンミネラルたっぷりの果物がオススメです。この時期は汗と一緒にビタミンやミネラルが排出されがちなので、いつも以上にしっかり取りたい栄養素です。
うなぎ

<夏に取り入れたいメニュー>

旬の桃を、ちょっとおしゃれに食卓に取り入れてみましょう!

☆桃のカプレーゼ
材料 分量
1個
モッツァレラチーズ 1個
生ハム 1〜2枚
塩コショウ 適量
オリーブオイル 適量
桃のカプレーゼ
  1. モッツァレラチーズ、桃をそれぞれ1口サイズに切る
  2. 生ハムを食べやすい大きさにちぎる
  3. 1.と2.をボウルに入れて、塩コショウをふりかけて混ぜ合わせる
  4. お皿に盛り付け、上からオリーブオイルをさっとかける
桃の甘味と塩コショウのアクセントが美味しいレシピです。
フルーツも、サラダなどに入れると色々な味を楽しめますし、お肉と一緒に調理すると、お肉の臭みを消したり、お肉をやわらかくする効果もあります。

残りの夏、麺類ばかりではなくビタミンミネラルを含む食材を食べて代謝の良い、燃えやすい体を手に入れましょう!
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。