INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

ゼロカロリー飲料の秘密

最近、「ゼロカロリー飲料」という言葉をよく耳にするけれど、あれって本当にカロリーがゼロなのかしら?
怪しいと思いならも、気になって仕方がないのよね。
以前からあった人気商品がゼロカロリーになって新登場するなど、ゼロカロリー飲料をよく見かけます。
他にも、ノン、レス、低、控えめ、ライト、ダイエット、オフ…などなど、ダイエットを心掛ける人にとって気になるものも増えています。
実はこれらの表示は規定があって、何にでもつけられるわけではなく、その概要は厚生労働省が「栄養表示基準に基づく栄養成分表示」の中で定めているものです。
ゼロカロリー

<ゼロカロリー飲料>
ゼロ、レス、ノン、無といった言葉は、「含まない」という意味の表示用語ですが、食品も飲料も100g(100ml)あたり5kcal未満の場合に表示可能というガイドラインがあります。
【ガイドライン】含まない(ゼロ、レス、ノン、無の表示)
●飲料の場合・・・ 100mlあたり5kcal未満
●糖分の場合・・・ 100g(ml)あたり0.5g未満
確かに数字としてはとてもが低い印象がありますが、この数字にはちょっと注意したいポイントがあります。
例えば、ペットボトル1本(500ml)を飲んだ場合、商品によっては実は1本あたり24kcalもあるかもしれません。全くのカロリーゼロではない場合もあるので、覚えておくと良いでしょう。

<低カロリー飲料>
低、控えめ、小、ライト、ダイエット、オフといった「低い」意味の表示用語は、食品は100 gあたり40kcal、飲料は100mlあたり20kcalという基準値以上減少していることとされています。
【ガイドライン】低い(低、控えめ、小、ライト、ダイエット、オフ)
●飲料の場合・・・ 100mlあたり20kcal未満
●糖分の場合・・・ 100g(ml)あたり2.5g未満
こちらも注意が必要です。例えば、ペットボトル1本(500ml)を飲んだ場合、商品によっては実は1本あたり99kcalもあるかもしれないのです。
低カロリー飲料は、成分表示が100mlあたりで表記されていることが多いので、一商品あたりに置き換えて計算する必要があります。
「カロリーオフ」の文字に安心して、たくさん飲んでしまわないように気を付けましょう。

<甘味の正体は?>
本来、甘さのもとは砂糖などの炭水化物です。炭水化物には1gあたり4kcalのエネルギーがあります。ゼロカロリーの飲み物が甘いのは、なぜなのでしょう?
その秘密は、エネルギーにほとんどならない「甘味料」を使っているのです。
砂糖

●アスパルテーム(人工甘味料)
アミノ酸からできており、砂糖の約200倍の甘味があります。虫歯の原因にはならず、ダイエット甘味料としてや菓子や清涼飲料水などに広く用いられています。
体内ではアミノ酸として代謝されるので、血糖値に影響を与えません。

●スクラロース(人工甘味料)
砂糖をもとに開発され、砂糖の約600倍の甘味がありますが、カロリーゼロです。
砂糖に近い甘みをもつことから、清涼飲料水やアイスクリームなどにも使用されています。

●エリスリトール(天然甘味料)
糖アルコールの一種で、白ぶどう果実やキノコの他、ワイン、清酒、醤油など発酵食品に含まれている天然の炭水化物です。
血中では代謝されない性質があるので、カロリーはゼロと算定されています。

<人工甘味料は危険?>
人工甘味料の安全性は、今も議論されていてはっきりしていないのが現状です。「甘さの割にエネルギーの少ない人工甘味料は、人間にもともと備わったカロリー計算機能を壊してしまう」という説もあります。
人間は、味覚でカロリーを無意識に計算しています。甘い物、油っこい物などを舌で味わうと、満足度が上がると同時に「カロリーが足りている」と感じるのです。これが、人工甘味料に慣れてしまうと、「甘い物はエネルギーが少ない」と判断してしまって、結果的に他の甘い物を食べ過ぎてしまうというのです。
とはいっても、現状では人工甘味料による健康被害の実害は出ていません。しかし、取り過ぎには気を付けましょう

甘いものを食べている人
ダイエットにゼロカロリー飲料がおすすめなのは、もともと甘いジュースをよく飲んでいる人です。こういう人は、ジュースをゼロカロリー飲料にするだけで、エネルギーが抑えられるので痩せやすいのです。
ただし、もともと甘いジュースを飲まない人がゼロカロリー飲料を飲んでも、ダイエット効果は期待できません。ダイエットや美容のためには、水やお茶を飲むのが1番効果的です。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。