INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

ビタミンの4大パワー <後編>

ビタミンはからだによいってよく聞くけど、実際にどんな力があるのかしら?
きれいな肌を手に入れたい、生活習慣病予防がうまくいかない、いつも疲れている気がする、健康に長生きしたい・・・そんな方はビタミンを取りましょう。
注目の4つのビタミン・パワーの要点を押さえれば、あなたに足りないビタミンが見つかるはずです。 今回は後編として、疲労回復生活習慣病のビタミンをお届けします。

≪疲労回復ビタミン≫
疲労回復ビタミン疲れた体や脳に活発な働きを回復させるには、燃料切れを解消して、活動エネルギーを生み出す必要があります。
その燃料となるのが炭水化物です。疲れた時に甘いものが欲しくなるのはそのためです。

そして、燃料を活動エネルギーに変える反応の鍵を握るのが、ビタミンB1です。
炭水化物をエネルギーに変える際に、その化学反応のスイッチをONにする働きがあります。
いくら燃料を補充しても、ビタミンの助けなしではエネルギーに変えることができないのです。

疲れた脳を活性化し、集中力や記憶力を高めるのに有効なのがビタミンB12です。
傷んだ神経細胞の修復に関与し、ブドウ糖のエネルギーが、脳の活力源として利用される際に活躍します。

<疲労回復ビタミンの不足度をチェック!>
疲労回復ビタミンの不足度

<疲労回復ビタミンのポイント!>
ビタミンB1炭水化物の効率的なエネルギー変換を促し、ビタミンB12が神経細胞に作用して脳の活発な働きを回復させます。


≪生活習慣病予防ビタミン≫

生活習慣病予防ビタミン生活習慣病が引き起こされる原因として、体内における活性酸素の関与が知られています。
人間は酸素なしでは生きていくことができませんが、一方で、酸素が変形して強い反応性をもった時、それは人体の細胞をサビつかせ、さまざまな病気や老化の引き金となるのです。

この活性酸素と戦い、細胞のサビつき(酸化)を抑える「抗酸化」ビタミンが存在します。
体内でビタミンAに変わるβ-カロテンビタミンCEの3つです。

抗酸化作用については未解明の部分も残されていますが、血中のβ-カロテンビタミンEの濃度が高いほうが長生きするという実験データも報告されています。

<生活習慣病予防ビタミンの不足度をチェック!>
生活習慣病予防の不足度

<生活習慣病予防ビタミンのポイント!>
抗酸化作用の認められるビタミンの働きにより、生活習慣病や老化防止の効果が期待できます。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。