INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 de eco (食でエコ)

食事 de eco! (食事でエコ)

全部食べきろう!

食品ロス食生活が飽食ともいわれるほど豊かなものになってきている中で、食べ残しや賞味期限切れに伴う廃棄が食品産業、家庭で発生しています。

食品廃棄というと、食品産業での廃棄が想像されがちですが、実は家庭から廃棄される量も多いのです。
家庭からの食品廃棄としては、調理して食べ残した食材、冷蔵庫に入れたまま期限切れになった食べ物、口に合わなかった食べ物などがあります。

ほかには、野菜などの皮を厚くむき過ぎるとか、肉の脂分のように、利用できるけれど調理せずに取り除いてしまうなどといった調理中に捨てられる食材もあります。家庭での食品廃棄は、1年間に1人約17kgにもなります。
もし、食卓で自然の恵みに感謝して、おいしく残さず食べきれば、なんと200万t以上のゴミが減らせます。さらに、そのゴミを燃やすエネルギー、その時に出される二酸化炭素も減らすことができ、エコにつながります。

また、油汚れは水を汚す大敵です。マヨネーズ大さじ1杯をそのまま流すと、魚が住めるくらいきれいな水にするためには、浴槽300リットルで13杯も水が必要になります。大切な水を無駄にしないためにも、残さずきれいに食べましょう。  こういった汚れを減らすのに一番良いのが、汚れをふき取ることです。鍋や皿の汚れを小さく切った古布などでふき取るだけで、汚れの80%、水も30%減らすことができます。あくまでもゴミ箱いきのものでふき取るのがポイントです。

家族みんなで一緒に食べるようにしよう!

家族がバラバラに食べる食卓が増えていますが、これは、エネルギーや資源の無駄遣いになります。バラバラに食べると、その都度調理したり、温めなおしたり、無駄なエネルギーが必要になり、また洗い物の回数も増えてしまいます。
家族が違うメニューを食べることも多くなっていますが、それにも調理に手間がかかり、その結果エネルギー使用の増加につながります。みんなが同じメニューならエコにも、また料理する人の労力削減にもつながります。
残業で外食したりする際は、早めに連絡すれば無駄がなくなりますので、そのように心掛けましょう。家族間のコミュニケーションもエコにつながるのです。

マイ箸、マイボトルを持とう!

日本では、年間に約231億膳の割り箸が使われています。1人当たりでは200膳弱(約180本)の割り箸を毎年使い捨てていることになります。日本の消費量は依然変わらないため、最近中国で加工される割箸の大半は中国の森林を使わずに、さらにその先のロシアなどの原生林などを切り倒して加工し、日本へ輸出し始めているようです。
つまり、私たちのライフスタイルが変わらない限り、世界中の森林を次々と伐採し続けて、世界中に迷惑を掛け続けることになります。マイ箸を持つことで割り箸の使用を減らし、森林を守ることにつながります。

マイ箸また、ペットボトルの樹脂生産量は年々増加しています。当初はほとんどの自治体で不燃ゴミとして埋め立てていましたが、収集・埋立コストが膨大になること、貴重な石油を原料としていることなどから、今ではペットボトルも法的なリサイクルの対象となっています。
リサイクルされて、Yシャツやフリース、卵パックなどに生まれ変わっているのですが、運搬費用・分別費用などもかなりかかります。ペットボトルの利用を極力減らすために、マイボトルやマイ水筒を持ちましょう。マイボトルを持って行くとドリンクが割引きになるお店もありますので、探してみましょう。

手作り弁当で健康的にエコ!

お弁当を持参することは、節約になるのはもちろん、残り物の活用、容器は洗って使うのでゴミを減らすことができエコな行動でもあります。
弁当
お弁当グッズにもエコな商品が登場しています。例えば、おかずを仕切るのに使う小容器のシリコン製カップは洗って何度も使うことができます。耐熱温度が210度、耐冷温度がマイナス40度なので、容器に入れて冷凍したおかずを電子レンジで解凍してそのままお弁当に入れることができます。シリコンは柔らかい素材なので弁当箱の形に沿ってしなり、使い勝手は従来のアルミカップと変わりません。

食事時に欠かせないドリンクも、マイボトルやマイ水筒を持参することをおすすめします。ドリンク代が節約できるのはもちろん、ペットボトルなどのゴミの減量に貢献できます。

冷凍庫も上手に活用

冷蔵庫安売りの時に買い過ぎてしまった食材や、作り過ぎてしまった料理は冷凍庫で保存するとゴミにならずにエコにつながります。お肉は冷凍しておくと、いざという時に助かります。使う分ずつフリーザーパックなどの再利用可能な容器に小分けし、冷凍庫で保存しましょう。
野菜も冷凍保存できる物があり、しいたけは冷凍するとうまみ成分が増します。

また、忙しい人は冷凍庫をフル活用すると普段の食事にいかせます。
例えば、きんぴらごぼうや切り干し大根の煮物などの煮物系は、大体のものが冷凍してもまた美味しく食べることができます。メインの料理だと、豚肉のしょうが焼きやチキンの照り焼きも作って冷凍保存できます。

ほかには、ハンバーグを焼かずに成形だけしておいて冷凍すれば、食べる前に必要なだけ焼くと簡単に用意ができます。揚げ物も衣までつけて冷凍することもできますし、揚げてから冷凍することもできます。使う時は、朝冷凍庫から出しておけば、夕方には自然解凍されており、レンジ解凍は必要ありません。

残った料理でひと工夫!

残った料理を別の料理にすることで、ゴミにならずにおいしく食べられます。
例えば、残ったひじきの煮物を、お弁当では「ひじきご飯」に変身させれば、見た目も豪華なアレンジご飯のでき上がりです。白いご飯にふりかけよりずっと素敵です。また、ひじきのだしまき卵にしたり、サラダにしたりもできます。

ほかには、肉じゃがをコロッケやグラタンにしたり、かぼちゃの煮つけをパンプキンライスコロッケやかぼちゃのケーキにしたりと、使えそうなレシピはたくさんあります。
1つのおかずを、別のおかずにリフォームするという発想をもつと、普段の食卓も豊かになり、エコにもつながります。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。