INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

「若返りのビタミン」 ビタミンE

ビタミンEの特徴

  • 体内を酸化から守る
    ビタミンEは細胞膜に広く存在しています。細胞膜を構成するリン脂質には不飽和脂肪酸が多く含まれ、これが活性酸素によって酸化すると過酸化脂質が生じ、細胞が傷ついて老化が進行します。
    ビタミンEは強い抗酸化作用を持っているので、細胞の代わりに酸化されて、酸化の連鎖を食い止める働きをし、細胞の老化を防いでくれます。また、血液中のLDL-コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防したり、赤血球の破壊や減少を防ぐ働きもあります。
  • 血行をよくする
    ビタミンEには、末梢血管を広げ、血行をよくする働きがあることから、血行障害によって生じる肩こりや頭痛、冷え性、しもやけなどの改善効果が期待されています。
    全身の血行がよくなることで新陳代謝が活発になり、肌にハリが出てきます。
  • 生殖機能の維持
    黄体ホルモンや男性ホルモンがつくられるのを助け、生殖機能を維持、改善する働きがあります。脳下垂体に働きかけてホルモンの分泌を促進させ、生理不順や更年期障害などを改善したり、精力を高めます。

ビタミンEを多く含む食べ物

−ビタミンEを多く含む食べ物−
ビタミンEを取り過ぎると?
ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種なのですが、健康な人で過剰症はあまり認められていません。

過剰に取り続けていると、軽度の肝障害や生殖機能障害、出血しやすくなるなどの症状を起こすといった報告もあります。
ビタミンEが不足すると?
  • 溶血性貧血
  • 動脈硬化
  • 不妊や流産
  • 冷え性、しもやけ、肩こり、頭痛(血行が悪くなるため)
  • 感覚障害や神経障害
  • 肌のしみやくすみ
  • 生理痛、生理不順

ビタミンEの上手な取り方

ビタミンCと一緒に取る
ビタミンEは、いち早く活性酸素と結びつき、その効力を失わせます。その結果、細胞は酸化の被害を受けずに済みます。活性酸素と結合したビタミンEはその抗酸化力を失っていますが、ビタミンCの働きにより再び抗酸化力を回復します。ビタミンCも一緒に取ることで、抗酸化力がいっそう高まります。
また、β-カロテンやビタミンB2、セレンなどもそれぞれ抗酸化力を持っているので、併せて取るとさらに効果的です。
油で調理する
ビタミンEは脂溶性ビタミンであり、油との相性が抜群で、よく溶け合います。油を使って料理すれば、体への吸収もよくなります。
ただし、古い油にはビタミンEを不活性化する過酸化脂質がたまっているケースが多いので、新しいものを使うようにしましょう。
乳脂肪と一緒に取る
ビタミンEも乳脂肪もともに脂質なので結合しやすく、また乳脂肪は粒子が小さいので、結合によりビタミンEの体内への吸収もよくなります。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。