INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

慢性頭痛A 片頭痛 成人男性によくあるトラブル成人女性に多いトラブル

生理前や生理中はもちろん、満員電車や人ごみなどにいると頭が「ズキンズキン」と痛みはじめるの…。頭痛薬を飲んで抑えているのだけど、予防法などがあれば知りたいわ?
慢性頭痛A 片頭痛ってどういうもの?
緊張型頭痛の時に説明したように、一般に「頭痛」とは、その痛みの中で表面痛以外のものを呼びます。
頭痛にはさまざまなタイプの痛みがあり、幅広い症状があります。
桃子さんの場合は、慢性頭痛の中でもズキンズキンする痛みが特徴の「片頭痛」と考えられるので、今回は片頭痛について説明しましょう。

片頭痛とは、こめかみから目の辺りにかけてズキンズキンと脈打つように痛むのが特徴です。
ひどいときには日常生活が妨げられるほどの強さの痛みがあり、とてもつらい頭痛です。
決まった片側のみに現れる頭痛ではなく、「偏った痛みがあらわれやすい」と考えられています。
どんな症状があるの?
片頭痛の主な症状として、
  • 脈打つように「ズキンズキン」、「ガンガン」とした痛みがある
  • 痛みは頭の片側の時が多いが、両側の時もある。
  • 頭痛が数日〜数週間の間隔をおいて発作的に現れ、数時間から3日ほど続く。
  • 頭痛時に、悪心(吐き気)、嘔吐などを伴い、強い光や大きな音、不快なにおいなどで痛みが強まることがある。
  • 発作の前兆として、閃輝暗点*(せんきあんてん)、生あくびやめまい、情緒不安定など、さまざまな体調の変化が生じることがある。
などが、あげられます。
症状
日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合は、症候性頭痛の可能性も考えられるので、「頭痛外来」や「神経内科」の受診をしてみましょう!
*閃輝暗点
はじめは視野の中にチカチカ光る小さな点が現れ、次第に大きくなっていき、中心部がぼやけるなど、視界の一部が遮られたりします。
何が原因なのかしら?
片頭痛の原因は、何らかの誘因により脳の血管が収縮・拡張する時に回りの神経を刺激し、炎症をおこすことといわれています。
また、ストレスや女性ホルモンの変化も影響すると考えられています。
このほか、遺伝的な体質も関係があり、母親が片頭痛だと子どもも片頭痛になりやすいことがわかってきました。

血管が拡張する主な誘因として、
  • 過労や睡眠不足、精神的ストレス
    ストレスを受けているときは、血管も緊張して縮んでいる状態になります。休日や週末など緊張やストレスから解放されリラックスしたときに、収縮していた血管が急に拡張しやすくなり、片頭痛が起こることがあります。
    休日のぐうたらや寝すぎなどもこれにあたります。
  • 温度変化
    急に暖かくなる季節の変わり目や、お風呂でシャワーを浴びているとき、サウナに入っている時などは、体温調節のために血管が拡張し、頭痛が引き起こされることがあります。
  • 女性ホルモンの変動
    片頭痛は女性ホルモンのエストロゲンの変動と深い関わりがあるため、生理中やその前後、排卵日などに片頭痛に悩まされている女性が多数います。
  • その他
    ・ 人ごみ・乗り物・換気の悪い場所・まぶしい光など
    ・ 空腹時、血糖が低下したときなど
    ・ 赤ワインなどアルコールやチーズ、チョコレートなど特定の食べ物の摂取
    などがあげられます。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
薬剤誘発性頭痛とは


簡単に言うと、頭痛薬の飲みすぎによる頭痛のことを言います。
片頭痛の痛みを抑えようとして、複数の鎮痛剤を服用したり、連日のように鎮痛剤を飲んでいたりすると、かえって痛みに敏感になり、慢性的に頭痛を感じる薬剤誘発性頭痛を招いてしまうのです。
この薬剤誘発性頭痛は治療が困難であるのに加え、薬の多用による胃腸障害を引き起こす可能性もあります。
健康管理士からのワンポイント
頭痛薬鎮痛剤は月10回までを原則としてください!
3ヵ月以上にわたって、週に2日以上飲む状態が続いたり、複数の鎮痛剤を組み合わせて使用している場合などは早めに薬局や病院に相談しましょう。
 
     
どうしたら予防できるの?解消法は?
頭痛を予防するために有効な対策は、健康的な生活を送ることです。
栄養バランスのとれた食事、ストレスをためない生活、ストレス解消法を見つける、お酒やタバコを控えるなどを実践しましょう。

食事

頭痛は空腹時に起こりやすいため、忙しくても3食しっかりとるようにしましょう。
アルコールは血管の拡張作用があるため、片頭痛の原因になると言われています。
とくに赤ワインは、血圧の上昇作用があるチラミンという物質が多く含まれており、この物質が頭痛を誘発すると考えられています。
チョコレートやチーズ、炭酸水などもチラミンを多く含んでいるため、これらの食品はなるべく控えるようにしましょう。
このほか、ハムやソーセージなどに含まれる亜硝酸塩も片頭痛の誘因となると考えられているので、含有量が高い海外メーカーのものや海外での食事の際には、気をつけましょう。

−慢性頭痛A 片頭痛を予防する栄養素−
栄養素 作用 主な食材

マグネシウム

血液をサラサラにする さば、いわし、さんま、亜麻仁油、しそ油、大豆油、えごま、くるみ、大豆、きな粉、湯葉

ビタミンB2

痛みを抑える効果 かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマト、ブロッコリ−、オレンジ、イチゴ、グレープフルーツ、パイナップル、キウイ

ビタミンC

痛みを抑える効果 かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマト、ブロッコリ−、オレンジ、イチゴ、グレープフルーツ、パイナップル、キウイ

ビタミンE

血管を拡張して、血液の流れをよくする はまち、うなぎ、タラコ、ししゃも、卵黄、かぼちゃ、ほうれん草、しそ、落花生、アーモンド、菜の花、アボカド、オリーブオイル

マグネシウムには脳血管の緊張を緩和し、脳血管の炎症を起こす物質の合成や放出を防ぐ働きを持っていて、ビタミンB群の働きを助ける役割があります。
カルシウムの摂取量が多くなると体外への排出量も増えてしまうので、カルシウム2に対してマグネシウム1のバランスで食べるようにしましょう!

ビタミンB2は、血流をよくする効果があり、発作の回数を減らし、痛みの時間を短縮してくれます。
水溶性ビタミンのため、体外に排出される時間がとても早いので、毎食食べるようにしましょう。

ビタミンCは、痛みを抑える効果があり、その効き目には即効性があります。ビタミンB2同様水溶性ビタミンなので、毎食食べるようにしましょう。
ビタミンEも、血行を促進する効果があり、ゆっくりとですが頭痛を軽減してくれます。


<食事以外で日常にできる予防>
食事以外に考えられる予防法をまとめておきます。

寝不足や寝すぎに注意する

ストレスや疲れが片頭痛の原因となることがあります。毎日きちんと睡眠をとり、疲れをためないようにして、頭痛を防ぎましょう。
ただし、寝すぎてもかえって頭痛をおこしやすくしてしまうので、休日であっても、いつもと同じペースで過ごすのがよいでしょう。

熱いお風呂やサウナを避ける

からだが温まりすぎると血管が拡張するため、片頭痛がおこりやすくなります。
頭痛が起こりそうだと感じたら、熱いお風呂やサウナは避けて、シャワーを浴びる程度ですませるようにしましょう。

人混みや強い光を避ける

空腹、騒音、悪い空気、匂い、乾燥などが片頭痛の誘因となることがあるので、外出時などには人ごみや環境の悪いところは極力避けるようにしましょう。
強い光も誘因となりますので、特に夏の外出時にはサングラスをかけるのも有効です。

前兆を見逃さない

片頭痛のうち、前兆があるものは2〜3割ぐらいです。閃輝暗点や生あくび、手足のしびれや脱力感などの前兆がある方は、それを見逃さないように注意しましょう!

     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


ひじきのは12〜3月です。(干しひじきは関係ありませんが)
ひじきには、脳の血管の収縮をおだやかにして、頭痛の痛みを和らげてくれるマグネシウムが豊富に含まれています。
特に干しひじきに含まれるマグネシウムは、カルシウムの約半分の量なので、とても理想的な摂取バランスなので、片頭痛対策にもってこいの食べ物ですよ♪
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
慢性頭痛A 片頭痛を解消するオススメエコレシピ
<ひじきと舞茸の炒め煮>
ひじきには脳血管の緊張を緩和してくれるマグネシウムが含まれていて、ビタミンB群の働きを助ける役割を持っているのがポイントです。
舞茸は、頭痛の回数を減らし、痛みの時間を短縮してくれるビタミンB2が豊富です。
相性バッチリのひじきと舞茸で、おかずにもおつまみにもなる一品をつくってみました!♪
レシピイラスト
材料4人分) 分量
干しひじき 20g
舞茸 200g
豚バラ肉 100g
玉ねぎ 1/2個
(A)
  だし汁 100cc
砂糖 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ2
<作り方>
  1. ひじきはたっぷりの水でもどし、ザルなどにあげてよく水気を切る。舞茸は石づきを落とし、適当な大きさに分ける。豚バラは幅2〜3cm程度、玉ねぎは幅2〜3ミリ程度に切る。
  2. 鍋に豚バラ肉を入れて火にかけ強火で炒め、表面の色が白っぽくなったら玉ねぎを入れ、しんなりと薄く色づいてきたら、ひじきと舞茸を入れてざっと炒める。
  3. 2.に、(A)を入れて強火のまま煮る。水分が少なくなってきたら焦げないようによく混ぜながら炒め煮にし、汁気がなくなってきたらできあがり♪
寝すぎもよくないのが分かってよかったわ!
レシピもすごく美味しそうで、 簡単にできちゃうのが魅力的!!
お弁当のおかずにもバッチリだわね♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。