INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

水虫 成人女性に多いトラブル

主人の水虫が再発しちゃったみたい!?
やっぱりこの時期って、多いのかしら…。
きちんと治す方法が知りたいわ。
水虫ってどういうもの?
「水虫」とは、足がムズムズとかゆくなったり、皮膚がただれたり、小さな水疱(水ぶくれ)ができる症状を引き起こす皮膚の病気の一つです。かゆみだけでは治まらず、強い痛みや出血を伴うこともあり、なかなか完治しづらい面倒な病気です。
水虫は、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)と言う菌が、おもに足の皮膚(表面の角質層という部分)に寄生し、繁殖して発症する病気です。
足以外の場所にできる水虫もありますが、今回は足にできる水虫についてお話します。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
『水虫は足だけじゃない?!』


足以外の部位にも水虫ができるのはご存知ですか?
白癬菌は、肌の成分ケラチンを好むので、肌ならどこでも水虫になるのです。 大体は、足の水虫から他の部分にうつるので、感染しないよう十分気を付けましょう。
発症する部位により、病名や症状が異なりますので表にまとめておきます。
健康管理士からのワンポイント
―足以外の部位に発症する水虫―
発症部位 病名 主な症状
頭部 頭部白癬
(シラクモ)
頭皮にかゆみを伴う円形の脱毛班を生じ、毛髪が抜け落ちる。犬、猫などペットからの感染が増えている。
手水虫 足水虫と同じような症状で、水小胞ができたり角質が硬くなったりする。
太ももの内側や股間 股部白癬
(インキンタムシ)
周辺が堤防状に盛り上がった、赤い環状の発疹ができ、激しいかゆみを伴う。
体中の皮膚 体部白癬
(タムシ・ゼニタムシ)
症状はさまざまですが、一番多いのは環状に盛り上がる赤い発疹ができ、激しいかゆみを伴う。
 
     
どんな症状があるの?
発症する足の部位によって、症状が異なります。
  • 趾間型(しかんがた)
    足の指の間、とくに薬指と小指の間に小さな水泡ができ、かゆみを伴い、皮膚がぽろぽろとむけたり、皮がふやけてめくれたりします。
    悪化するとあかぎれの様になり強い痛みを発する場合もあります。
  • 小水疱型
    足の裏や側面や土ふまずなどに小さな赤い水泡ができる水虫で、症例がもっとも多く、かゆみも強いことが特徴です。
    水疱が目立たず、薄い皮がむけるだけの人もいます。
  • 角質増殖型
    水虫が慢性化した症状で、足の裏全体やかかとの角質層が厚く、硬くなっていくなどの症状が特徴です。
    かゆみはほとんどないため、水虫と気付かない場合も多いのですが、乾燥する冬の時期などでは、乾燥肌のようなひび割れに悩まされることもあります。
  • 爪白癬(つめはくせん)
    白癬菌が爪(つめ)に感染し発症した症状です。 爪に光沢が無くなり、厚く白濁し、爪の質がもろくなり、表面もボロボロに崩れるのが特徴です。
    悪化すると、爪が徐々にはがれてくることもあります。
症状
何が原因なのかしら?
水虫は、白癬菌と呼ばれる、私たちの身の回りに数多く存在している菌が、おもに足の皮膚に住み着くことで引き起こされる病気です。
白癬菌は、皮膚の角質であるケラチンをエサにして成長・増殖する性質を持った「カビ」の一種です。
この菌は、付着しただけでは水虫にならないのですが、24時間以内に洗い流されずに高温多湿という好条件を得ると繁殖を始め、皮膚に住み着いてしまうのです。
特に革靴やパンプス、長靴やブーツの中などは、通気性が悪く高温多湿な環境のため、長時間はいているとむれてきて水虫が繁殖しやすくなります。
最近では女性もパンプスやブーツを長時間はくことが多いため、水虫になる方が増加傾向にあります。
また、白癬菌の中には、犬や猫などの動物の毛を好んで寄生するものもいるため、知らずに水虫に感染したペットに触れることにより、感染する場合もあります。
どうしたら予防できるの?解消法は?
水虫は、白癬菌が皮膚の奥深くに寄生したことで起こる病気で、かつては不治の病と言われたほど、とても治りにくい病気です。
ですから、薬を塗って落ち着いてきたからといって治療をやめてしまうと、すぐに再発してしまいます。
とくに、水虫の季節と言われる梅雨の時期から夏の間に治療を続けると、秋から冬にかけて症状は和らぎますが、白癬菌の働きが鈍っているだけの場合が多いので、白癬菌の働きが鈍くなる秋から冬のシーズンにも、しっかりと治療を行うことが大切です。
ここでは、病院や薬の治療以外にできる予防法をお知らせいたします。

食事

白癬菌に侵されにくい角質細胞の層を作ることと、多少の水虫に侵されても大丈夫な厚い角質層を作ることにより、予防することができます。
またビタミンAβ-カロチンをとって、体に抵抗力をつけて、白癬菌から防御することも有効です。

−水虫を予防する 栄養素−
栄養素 作用 主な食材
コラーゲン タンパク質の一種
丈夫な角質細胞をつくる
鶏(手羽・皮・鶏軟骨)、豚足、レバー、フカヒレ、うなぎ、なまこ、ゼラチン
ケイ素 体内でコラーゲンを生成し、結合させる レバー、ホタテ、ホヤ、サザエ、ほうれん草、にんじん、豆類、玄米
亜鉛 皮膚の血流アップ
コラーゲンの生成
かき、レバー、牛肉、ラム肉、たらばがに、うなぎ、たらこ、納豆、ごま
ビオチン 炎症体質の改善
皮膚を健康維持
レバー、卵黄、豆類、種実類、トマト、にんじん、カリフラワー
ビタミンA 粘膜や皮膚の健康維持 レバー、うなぎ、卵黄
β-カロチン 粘膜や皮膚の健康維持 緑黄色野菜全般、グリンピース、さつまいも

コラーゲンは、バネ状のタンパク質で組織の弾力を出すために重要な働きをもっています。
このコラーゲンにより角質細胞は作られているため、不足すると物理的にも免疫的にも弱い皮膚になってしまいます。

ケイ素や亜鉛は、体内でコラーゲンを生成に関与しています。

ビオチン
は、皮膚の血流をアップし、炎症を改善する働きがあります。

ビタミンAβ-カロチンは、皮膚の健康を保つ働きがあるので、水虫に負けない皮膚を作るためにきちんととることが重要です。

水虫にならないために
 とにかく清潔第一です。特に下記の点に気を付けましょう!

清潔にする

白癬菌は24時間以内であれば、洗い流すことで死滅しますので、とにかく足を清潔に保つことが重要です。
家に帰ったらまずは、足の指の間まで石けんなどでよく洗う習慣をつけましょう。
その他、靴下を毎日履き替えることはもちろん、足の手入れをこまめにしましょう。

乾燥させる

白癬菌は「高温・多湿」を好み、活動が活発になるといわれています。
足はきれいに洗った上で、常によく乾燥させておきましょう。

複数の靴を履きまわす

窮屈な靴は避け、通気性の良い靴または靴下を選び、何足かを交互に履きまわしましょう。
また、靴はときどき陰干しして、湿気を取り除いておきましょう。

家族間での感染を防ぐ

白癬菌に感染している家族などの皮膚が剥げ落ち、そこから菌が増殖し、感染することが多くありますので、まめに掃除をし、常に清潔を心がけましょう。
バスマットやスリッパは特に菌が繁殖しやすいので、別々にするのがよいでしょう。

     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


ピーマンは年中出ていますが、本来のは6〜8月です。
レバーには、水虫に負けない丈夫な角質細胞を作るために必要なコラーゲン、ケイ素、亜鉛ビオチンビタミンAが全て含まれています。
これを食べない手はありませんね。
ピーマンはβ-カロチンも豊富ですが、ビタミンCもたくさん含んでいるので、一緒に食べてコラーゲンの合成を助けてもらいましょう!
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
水虫の方にオススメエコレシピ
<鶏レバーとピーマンの甘辛煮>
水虫対策の強い味方であるレバーを使った手軽で美味しいレシピをご紹介します。
今回は、レバーをピーマンと一緒に炒めるのではなく、甘辛く煮てみました。
ピーマンとの相性もバッチリで、レバー嫌いの方にも美味しくいただけるはずです♪
焦がさないように注意しつつ、強火で手早く仕上げるのがポイントですよ!
レシピイラスト
材料(4人分) 分量
鶏レバー 400g
ピーマン 5個
しょうが 1片
(A) 200cc
しょうゆ 50cc
みりん 50cc
砂糖(お好みで) 大さじ1
粉山椒 適量
<作り方>
  1. レバーは血の塊を取り除いて1口大にカットし、水できれいに洗い、軽く下湯でする(においが気になるときは、牛乳に浸して臭みをとってから処理しましょう)
  2. ピーマンは1口大に、生姜は千切りにする
  3. 鍋に(A)を煮たて(炎が上がるので注意しましょう)、レバーを入れ、強火で焦がさないようにしながら、煮汁がほとんど無くなるまで煮る
  4. 3.にピーマンとしょうがを足し、水気が出るのでその水気がなくなるまで煮る
  5. 4を器に盛り、お好みで粉山椒を振って、できあがり♪
水虫は清潔と、継続して治療することが大切なのね…。
レバーって癖があるから敬遠しがちだけど、本当にいろいろな効果があるのね。 これなら美味しくいただけそう♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。