INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

くすみ 成人女性に多いトラブル

先月、何年かぶりに学生時代の友達と新年会をしたら、
同級生なのに何歳も年上に見えた友達がいたの。
どうしてかしら?
くすみってどういうもの?
実年齢よりも老けた印象を与えてしまう原因のひとつが、肌のくすみです。
肌の新陳代謝が低下して角質層が厚くなり、透明感がなくなることで肌の内側の血色が見えにくくなっているのです。
くすみ
どんな症状が現れるの?
<肌の7大トラブルチェック>
項目 チェック
@ 肌の白さや透明感が落ちて、黒ずんで見える  
A 肌がカサカサしている  
B 肌が部分的に皮脂でベタベタしている  
C シワが気になる  
D シミ・ソバカスが増えた  
E 目の周りのクマが目立つ  
F 毛穴の開きが気になる  
※当てはまる数が多いほど肌が老化して、くすみやすくなる可能性があります。
くすみの原因は人それぞれ
肌がくすむ原因はひとつだけではありません!

  • 紫外線
    紫外線が皮膚のターンオーバー(代謝)を遅らせたり、肌の土台となるコラーゲンを壊して皮膚の表面に凹凸ができたりしてしまう。
  • 冷え
    血行が悪いと皮膚の細胞が栄養不足に陥り、ターンオーバーが遅れてしまう。
  • 乾燥
    乾燥した環境にいたり、タオルでゴシゴシ拭いたりすることで、肌表面の水分が少なくなり、ターンオーバーが早まる。すると、未熟な皮膚細胞が表面に出ることでバリア機能が弱まってはがれやすくなり、白い粉を吹いてしまう。細かいシワが目立つようになる。
  • 汚れ
    お化粧を落とさないまま寝てしまったり、洗顔してもしっかり汚れや洗顔料を落とし切れていなかったりすると、汚れが肌に溜まってしまう。特に小鼻の横や頬、額、あごなどが部分的に黒ずみやすい。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『白く透明感のある肌をキープするためには』


<日常生活における紫外線対策!>
紫外線の強さは1年のうちでは春から初秋にかけて、1日のうちでは正午をはさむ数時間が強くなるといわれます。UV(ultraviolet:紫外線)カット効果のある日焼け止めは、夏は汗で流れてしまうこともあるのでこまめに塗りましょう。
また、目に限った紫外線の予防効果をみてみると、つばの広い帽子をかぶると約20%、UV(ultraviolet:紫外線)カット機能のついたサングラスの着用で約90%減少させることができます。
健康管理士からのワンポイント

<食事と運動で冷え対策!>
冷えや運動不足、ストレスなどで血液やリンパの流れが悪くなってしまうと、くすみだけではなく顔色自体も悪くなります。栄養素を行き渡らせるためには血行をよくすることが大切です。
運動や入浴は血行を促進するだけではなく、ストレス解消にもオススメです。

<乾燥と汚れ対策!>
ゴシゴシ洗ってしまうと乾燥肌になりやすいので、クレンジング剤や洗顔料は泡立て汚れを落とし、しっかり洗い流しましょう。
 
     
どうしたら健やかに乗り切れるの?

食事

抗酸化物質でくすみ予防をしましょう。

−積極的に取りたい 栄養素−
栄養素 作用 主な食材
ビタミンA 皮膚や粘膜を健康に保つ。 レバー、あんこうきも、うなぎ、緑黄色野菜など
ビタミンB2 三大栄養素の代謝を促進。  皮膚や粘膜の代謝を促進 レバー、魚介類、牛乳、納豆など
ビタミンC コラーゲンを生成する。   強い抗酸化作用を示す。 果物、野菜類、いも類など
赤血球のヘモグロビンを構成し酸素を運搬・供給する。 レバー、かつお、あさり、緑黄色野菜、海藻類など

     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


カリフラワーのは、11〜3月です。
今がが旬のカリフラワーは、抗酸化力が強く美肌効果の高いビタミンCを多く含みます。
組織がしっかりしているので、いも類と同様に加熱してもビタミンCが減少してしまうことがありません。
購入するときには、固く締まっているものを選びましょう。
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
くすみの方にオススメエコレシピ
<海老とカリフラワーのオーロラサラダ>
淡色野菜のカリフラワーには、レモンに負けないほどのビタミンCがたっぷり含まれているので、冬の食卓には欠かせない食べ物の一つです。
今回は、そのカリフラワーをつかった見た目もきれいなサラダをつくりましょう。
マヨネーズにケチャップを合わせたオーロラソースは、色もきれいなうえカロリーダウンの効果もあるのでおススメですよ♪
レシピイラスト
材料(4人分) 分量
海老 12尾
カリフラワー 1株
ゆで卵 2個
たまねぎ 1/2個
片栗粉 大さじ1
酒・塩 少々
マヨネーズ 大さじ4
ケチャップ 大さじ2
レモン汁 小さじ2
粗挽き黒こしょう 適宜

エネルギー(1人分):229kcal
<作り方>
  1. 海老の背ワタを取り、ボウルに入れて片栗粉と混ぜ合わせる。
  2. 酒と塩を加えたお湯で1を茹で、殻をむいて一口大に切る。
  3. カリフラワーを小房に分けて洗い、好みの硬さに茹でる。
  4. ボウルで卵をつぶし、マヨネーズ、ケチャップ、レモン汁、黒こしょうを入れて混ぜる。
  5. 4.に海老とカリフラワーを入れて和える。
  6. 器に盛り付けて出来あがり!
マヨネーズだけでなく、ケチャップと合わせることで
カロリーダウン!
パパのお酒のおつまみにもピッタリね♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。