INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

更年期障害 成人女性に多いトラブル

学生時代の先輩が、最近、顔がのぼせたり
汗をかきやすく なって困っているらしいの・・・。
これって更年期障害かしら!?
更年期障害ってどういうものをいうの?
閉経前後の40代半ばから50歳代半ばまでを更年期といい、この時期の女性は、卵巣機能の衰えとともにエストロゲンの分泌が減少します。エストロゲンの分泌が少ない状態に体が慣れるまでの間に起こる不快な症状が「更年期障害」です。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
『女性のライフサイクル』


女性の体と心は、卵巣から分泌される性ホルモン、特にエストロゲンの影響を受けていて、その分泌によってライフステージが分けられます。
健康管理士からのワンポイント
●乳児期・小児期(0〜8歳)

●思春期(8歳〜18歳)
 エストロゲンの分泌が始まり、初経を迎え、性機能が発達します。

●性成熟期(18歳〜45歳)
 エストロゲンが活発に分泌され、妊娠・出産や充実した性的機能を発揮します。

●更年期(45歳〜55歳)
 エストロゲンの分泌減少が急速に起こり、閉経を迎える。

●老年期(55歳〜)
 エストロゲンの分泌減少により、生活習慣病が現れることも・・・
女性ホルモンの分泌変動と女性のライフサイクル
女性ホルモンの分泌変動と女性のライフサイクル
更年期は、不安定なエストロゲン分泌によって体の中で嵐が起こっているようなものです。
飛行機の操縦でも、一番難しいのが着陸といわれます。無事に嵐を乗り越えて、次のステージである老年期へソフト・ランニング(軟着陸)できるように万端に準備しましょう。
 
     
どんな症状が現れるの?
更年期になると、卵巣をなんとか働かせようと、卵巣をコントロールしている脳の下垂体から性腺刺激ホルモンが大量に分泌されます。このように脳が興奮状態になると、自律神経も刺激されて心と体に失調をきたすのです。

《代表的な更年期障害の症状》
更年期障害の症状である「不定愁訴」は、あらゆるところに同時に現れ、個人差があることが特徴です。

<生殖器系>
ホルモンバランスが乱れによる月経不順や性交痛などが現れる。
症状
<血管系>
このほか、音が聞こえづらい(難聴)、耳がつまった感じ、耳鳴りがする、などが更年期障害に伴う症状としてあげられます。

<泌尿器系>
頻尿や失禁、膀胱炎を繰り返したりする。

<運動器系>

関節の痛みや肩こり、腰痛、しびれなどがみられることもある。

<精神系>
体がだるい、疲れやすい、イライラする、憂うつ感、不安感、不眠、頭痛、めまい、耳鳴りなどが多くみられるようになる。
更年期を迎える年代は、仕事上の転機や経済的不安、子どもの巣立ち、家族の病気、親の介護等、社会的・家庭的な要因のストレスが重なる時期です。このような大きなストレスが心と体の変調に拍車をかけてしまいます。
また、エストロゲン分泌の変化による月経不順の多くは心配のないものですが、子宮筋腫や子宮がんが原因であったり、動悸や疲れやすいなどの症状には甲状腺機能亢進症などの重大な病気が隠れていたりすることもあるので、「単なる更年期」と見過ごさず、体の状態をよく観察しましょう。
生活習慣病にかかりやすくなる!?
エストロゲンは、妊娠・出産のほかにも、さまざまなかたちで女性の体を守っています。

  • 血液・血管の健康を守る
    善玉(HDLコレステロール)を増加させて血液と血管の状態を改善させたり、血管拡張物質をつくり出すなどの働きがあります。そのため、女性は男性よりも高血圧や脂質異常症などの動脈硬化系疾患にかかりにくいとされています。  
    ⇒閉経後にこれらの疾患が急に増えます。
  • 骨を丈夫にする
    骨にカルシウムを取り込み、骨を丈夫にします。  
    ⇒閉経後には骨量が減ります。特に、閉経直後の1〜2年に急速に低下します。
−女性ホルモン分泌低下によって起こりやすい生活習慣病や不快な症状−
女性ホルモン分泌低下によって起こりやすい生活習慣病や不快な症状
どうしたら健やかに乗り切れるの?

食事

更年期は基礎代謝が落ち、コレステロールの増加を防ぐ働きも低下するので、若い時と同じ食生活を続けていると太りやすくなります。
また、体の土台となる骨にも影響が現れやすいので、出来るだけ体型をキープして、体のメンテナンスに必要な栄養素を取り入れましょう。

−積極的に取りたい 栄養素−
栄養素 作用 主な食材
イソフラボン エストロゲンと構造が似ているため、体内でエストロゲンと同じような働きをする 大豆、納豆、みそ、きなこ、おから、昆布、ゆり根、やまいも など
亜鉛 ホルモンバランスを整える 牡蠣、牛肉、レバー、ごま など
カルシウム 骨や歯をつくったり、神経の情報伝達や免疫機構に関与したりする 牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐や納豆などの大豆製品、ひじきやわかめなどの海藻類、小魚、桜えび、小松菜、チンゲン菜 など
ビタミンE ホルモンバランスを調整する働きがあり、生殖機能を正常に保つことによって、月経不順や生理痛の改善や更年期障害の諸症状を緩和する アーモンドや落花生などのナッツ類、植物油、モロヘイヤ、かぼちゃ、ほうれん草、アボカド、大豆、胚芽米、うなぎ、たらこ など

日常でできるケア

体を動かすと血行が良くなり、自律神経の働きが改善されるので、適度に運動しましょう。また、ホルモンの分泌の変化によって体内時計が狂ってしまいがちです。リセットするためにも朝は早く起きて、夜も早めに寝るといった規則正しい生活を心がけましょう。

     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


国内で販売されているアボカドは、メキシコやニュージーランドからの輸入品がほとんどで、日本では和歌山県などで栽培され、11〜2月頃に出回ります。
ビタミンEの他に、コレステロールを減らす働きを助けてくれる不飽和脂肪酸を多く含むことから「森のバター」と呼ばれます。
皮にハリとツヤがあり、触ると弾力があるものを選びましょう。切ったものは酸化を防ぐためにレモン汁をかけ、ラップを密着させて冷蔵しましょう♪
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
更年期障害を解消するオススメエコレシピ
<アボカドのワカモレサラダ>
メキシコ料理の人気メニューのワカモレは、バケッドやトルティーヤなどに付けて手軽に食べられる一品です。
お好みで粉チーズやタバスコ、ハバネロ、パクチーを入れたり、レモンの代わりにライム、トマトの代わりにサルサソースを使用したりしてもおいしくいただけます。
レシピイラスト
材料(2人分) 分量
アボカド 1個
玉ねぎ 1/4個
にんにく 1片
トマト 1/2個
レモン汁 大さじ1〜2
塩・こしょう 適宜
<作り方>
  1. 玉ねぎとにんにくをみじん切りにして、玉ねぎは水にさらしてから水気を切る。
  2. トマトを荒く刻み、水気を拭き取る。
  3. アボカドは半分に切って種を取り除き、皮から果肉を取り出す。
  4. ボウルに3.とレモン汁を入れ、フォークの背でつぶす。
  5. 4に1.と2.を加え、塩・こしょうで味を調える。
更年期のつらい症状を乗り切るためには、
私の年代から卵巣の働きの変化に備えておくことが
大切なのね♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。