INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

毛穴の開き 成人女性に多いトラブル成人男性に多いトラブル

暑くなってきて、
特に小鼻の毛穴の開きが気になるわ・・・
何か良い方法はないかしら?
毛穴の開きってどういうもの?
毛穴の開きとは、毛穴がパックリと開いている毛穴トラブルのことです。
通常、毛穴は必要な時に皮脂を出すために開き、必要のないときには閉じていることが理想とされます。
肌の悩みは、年齢を重ねるごとにつきませんが、中でも顔の毛穴の悩みは上位にランクインしています。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『毛穴の役割』


毛穴とはその名のとおり、毛が生えるための穴で、毛包と呼ばれます。
毛穴の大きさは約0.1〜0.2mmほどです。毛穴の数は生まれつきのもので、性別や年齢による変動はありません。顔には約20万個の毛穴があるといわれています。
健康管理士からのワンポイント
  1. 体温調節機能
    毛穴の立毛筋が収縮することで、体毛を立て毛穴を閉じて体温が逃げるのを防ぎます。また、毛穴を収縮させることで血管を収縮させ、体温を下げないように調整しています。
    体温が上がったときには、汗を出すことで体温を下げています。
  2. バリア機能
    毛穴から分泌される皮脂と汗が合わさることで、皮脂膜を形成します。皮脂膜は肌内部の水分が逃げないようにし、ほこりや乾燥などの刺激から肌を保護しています。
  3. デトックス機能
    毛穴からは皮脂や汗、体の中の老廃物が排出されています。
−毛穴の断面図−
毛穴の断面図
 
     
どんな症状があるの?
「毛穴の開き」とは、毛穴が開いたままの状態です。
毛穴の形は丸く、皮脂の多いTゾーン周辺に多く見られます。毛穴の開きを放置すると、皮脂が酸化して黒ずみが起きやすくなります。
また、毛穴が開くと皮脂や汚れがたまりやすくなり、詰まった毛穴に菌が増殖してニキビや肌トラブルを起こすこともあります。
症状
何が原因なのかしら?
毛穴の開きの原因には、下記のものが挙げられます。
  • 過剰な皮脂の分泌
  • 肌の乾燥
  • 洗顔時の汚れ落とし不足
  • 刺激の強い化粧品の使用
  • ニキビによる炎症
  • 肌のたるみなどの肌の老化
など
どうしたら健やかに保てるの?
毛穴の開きを防ぐためには、まずは毛穴の汚れを取ることが大切です。洗顔はたっぷりの泡で肌をこすらずに洗う、すすぎはぬるま湯を使って丁寧に行うことが大切です。
そのほかにも、下記のように生活習慣を整えましょう。

スキンケア

・洗顔やピーリングのしすぎはやめましょう
・保湿は入念に行い、肌の内側の水分を逃がさないようにしましょう

生活上の注意点

・紫外線から肌を守るようにしましょう
・ストレスを溜めないようにしましょう
・適度に運動をするようにしましょう
・たばこは控えるようにしましょう

食事

食事に気を付けて皮脂の分泌量をコントロールすることも大切です。
肌のターンオーバーが正常に行われるように、バランスの良い食事を心がけるとよいです。また、脂っこいもの、甘いもの、刺激物、アルコールはできるだけ控え、下記の栄養素を積極的に取るようにしましょう。

−積極的に取り入れたい 栄養素−
栄養素 作用 多く含む食べ物
タンパク質 皮膚の構成成分 赤みの肉、紅鮭、牛スジ
ビタミンA 新陳代謝促進 レバー、あんこうきも、うなぎ、春菊
ビタミンB2 新陳代謝促進 レバー、魚介類、納豆、ほうれん草、卵
ビタミンB6 肌荒れ緩和 レバー、魚介類、鶏のささ身、バナナ
ビタミンC 皮脂分泌抑制、抗酸化作用 ブロッコリー、ほうれん草、じゃがいも
ビタミンE 抗酸化作用 アーモンド、すじこ、かぼちゃ、赤パプリカ
     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


毛穴の開きにオススメなのは赤パプリカで、は6〜8月です。
パプリカはピーマンのように苦みがなく甘いため、辛いものや苦いものが苦手な人でも食べやすい食材です。
赤パプリカの赤い色素はカロテノイドの一種であるカプサンチンによるもので、高い抗酸化作用があり、動脈硬化などの生活習慣病予防や老化予防の働きがあります。
また、赤パプリカはビタミンAビタミンCビタミンEを多く含み、この3種のビタミンはビタミンACE(エース)と呼ばれます。これらを同時に摂取することで、相乗効果が得られ、優れた抗酸化力を発揮します。
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
毛穴の開きの方にオススメエコレシピ
<牛肉とパプリカのグリルサラダ>
パプリカは、加熱してもビタミンCが壊れないようにするビタミンPが備わっています。
また、油と一緒に調理するとβ-カロテンの吸収効率がアップします。
今回は赤パプリカを使ってグリルサラダを作ってみましょう♪
レシピイラスト
材料(3人分) 分量
牛肉 150g
なす 1本
赤パプリカ 1/2個
かぼちゃ 1/8個
ズッキーニ 1/2本
適量
こしょう 適量
オリーブオイル 適量
刻みパセリ お好みで
(A)
しょうゆ 小さじ1.5
レモン汁 小さじ1.5
こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1.5

エネルギー(1人分):267kcal
<作り方>
  1. なす、赤パプリカを乱切り、かぼちゃをくし切り、ズッキーニを薄切りにする。
  2. 1.に塩とオリーブオイルをからめ、アルミホイルで包み両面をグリルで焼く。
  3. 牛肉を食べやすい大きさに切る。
  4. 3.をフライパンで強火で焼き、塩とこしょうで味を整える。
  5. .2.と4.を器に盛りつけ(A)をかける。
  6. 刻んだパセリをお好みでかけたら、出来上がり♪
カラフルで彩りがとってもきれいだわ!
早速今晩のおかずにして、すっぴん美人を目指そう!!
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。