INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

肝機能低下 成人男性に多いトラブル

最近、主人が飲みに行く機会が多いのよね。これからの季節は機会が増えるから、肝臓に負担がかからないか心配…。
普段から、 どのようなことに気をつければ良いのかしら?
肝機能低下ってどういうものをいうの?
肝臓は、腹部の右上にある非常に大きな臓器で、生命活動維持の「肝心かなめ」の重要な働きをしています。肝機能が低下すると、栄養素の供給が滞ったり、毒物や老廃物が排せつされず体内に蓄積されるため、悪化すると疲労感や倦怠感が現れます。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
『肝臓の働き』


肝臓の主な働きは、「代謝」「解毒」「胆汁の合成」の3つです。

@代謝
食べた「タンパク質」「炭水化物」「脂質」などの栄養素は、主に小腸で分解・吸収され、肝臓に運ばれます。
肝臓による代謝とは、吸収した栄養素を、別の成分につくり替えて貯蔵したり、貯蔵していた成分を再合成して体内に送り出す作用のことを言います。
健康管理士からのワンポイント
−栄養素の貯蔵と加工−
栄養素の貯蔵と加工
  • タンパク質」は、肝臓で「アミノ酸」として貯蔵され、再び各種の「タンパク質」に合成され、全身に送り出されます。
  • 炭水化物」は、小腸で「ブドウ糖」に分解されます。肝臓では、「ブドウ糖」は「グリコーゲン」などにつくり替えられ貯蔵され、必要なときに「ブドウ糖」に再合成されて送り出されます。
  • 脂質」は、小腸で「脂肪酸」などに分解されます。肝臓では、「脂肪酸」は「中性脂肪」につくり替えられ貯蔵され、全身に送り出されます。
A解毒
老廃物や有害物質、薬剤やアルコールなどを解毒し、毒性の少ない状態につくり替えて、体外へ排出します。

B胆汁の合成

脂肪の消化吸収や、脂溶性ビタミン、カルシウムなどの吸収に必要な胆汁を合成します。胆汁は、胆のうに貯蔵されたのち、十二指腸へ放出されます。
 
     
どんな症状があるの?

肝臓には修復機能があり、細胞が障害されても、ある程度までは再生が可能です。そのため、異常に気が付きにくく、症状が現れにくいのが特徴で、「沈黙の臓器」と呼ばれています。
したがって、肝機能に異常がないかどうかを定期的に検査することが大切です。
血液検査でAST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、コリンエステラーゼ、総コレステロール値、中性脂肪値などの値が高い場合には「脂肪肝」が疑われます。

「脂肪肝」から「肝炎」「肝硬変」、さらに「肝臓がん」にまでなる可能性があるため、早期に治療を行い、「肝硬変」などへの進行を防ぐという認識が広まっています。
症状
何が原因なのかしら?

健康な人でも、肝臓の細胞には、ある程度の中性脂肪が貯蔵されています。通常は10%くらいですが、中性脂肪の量が増え過ぎて30%以上、過剰になった状態を「脂肪肝」といいます。

原因としては、以下のようなものがあります。

  • 食べ過ぎ
    食べ過ぎで炭水化物脂質をとり過ぎると、肝臓に送られる脂肪酸が増えます。肝臓では、脂肪酸は中性脂肪につくり替えられ貯蔵され、全身に送り出されています。脂肪酸の量が多すぎると、肝臓の細胞に中性脂肪が過剰に蓄積されます。
  • 肥満
    肥満によって体脂肪が増えると、肝臓に貯蔵される中性脂肪の量が増え、過剰になり、脂肪肝になります。
  • 飲みすぎ
    アルコールは肝臓で分解されるため、その量が多すぎると、中性脂肪の合成が活発になり、肝臓に蓄積されます。また、アルコールが分解される過程で「酸化ストレス(活性酸素の過剰な発生など)」が生じると、中性脂肪がさらに蓄積されやすくなります。
  • ダイエット
    肝臓から全身に中性脂肪が送り出されるときには、タンパク質が必要です。偏ったダイエットでタンパク質が不足すると、中性脂肪を全身に送り出すことができなくなるため、肝臓に中性脂肪が蓄積され、脂肪肝になります。
  • 糖尿病
    糖尿病は、血液中のブドウ糖が多い状態のため、肝臓に運ばれてくるブドウ糖の量も増えます。通常、ブドウ糖はグリコーゲンにつくり替えられて肝臓に貯蔵されますが、貯蔵しきれなかったグリコーゲンは、中性脂肪に合成されて、肝臓に蓄積されます。
どうしたら予防できるの?解消法は?
脂肪肝の主な原因は、暴飲暴食です。
肝臓に負担をかけない食事を心がけましょう。

食事

  1. 3食規則正しく食べること、食べ過ぎに注意
    1日3回の食事をなるべく規則正しく、均等の量に分けて食べると、肝臓に負担をかけません。朝食抜きや夜遅い時間の飲食、ドカ食いなど、日周リズムを乱す食生活は肝臓に負担をかけることになります。

  2. ビタミンをしっかりとる
    栄養素の代謝には、ビタミンのサポートが欠かせません。ビタミン代謝も肝臓で行われます。

  3. タンパク質を毎日「適量」とる
    タンパク質は、肝細胞の再生のための重要な栄養素です。必須アミノ酸をバランスよく含む魚介類や肉類、卵、乳製品をメインに、大豆製品など植物性タンパク質もバランスよくとることが大切です。

  4. アルコールはできるだけ控える
    アルコールのとり過ぎは、肝臓にダメージを与えます。
    1日の許容量は純アルコール量で22g程度です。ビールなら大びん1本、日本酒なら1合、焼酎なら0.6合、ワインならグラス2杯(1/4本)、ウィスキーならダブル2杯程度になります。複数の種類のお酒を飲んでいると、量が分かりにくく、飲酒量が増える傾向があるため、控えましょう。
    また、タンパク質をとらずにお酒を飲むと、アルコールの毒性により、肝臓の機能を低下させます。脂肪が少なくタンパク質を豊富に含む枝豆や豆腐、白身の魚などのおつまみを食べながら飲むのがおすすめです。
    そして、週に2日はお酒を飲まない「休肝日」をつくることも大切です
     
 

健康管理士からのワンポイント★
『純アルコール量の計算方法』


お酒によってアルコール度数が異なるため、実際に飲んだ純アルコール量を計算するときの計算方法をご紹介します。
健康管理士からのワンポイント
純アルコール量 = 飲んだ量 × アルコール度数(%) × 比重(0.8) 

例えば、アルコール度数5%のビールを大びん1本(633ml)を飲んだときは25gとなります。

肝臓でのアルコール処理能力には個人差があり、体重60〜70sの人で、1時間に7〜9gとされています。代謝されて消失するには約3時間もかかる計算となります。
 
     
     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


あさり(天然物)のは、春と秋ですが、地域によって異なります。
関東では5月と10月が産卵期で、直前の3月から4月、および9月に身がつまっていて、だといわれています。
あさりの旨み成分「タウリン」は、血液中のコレステロールを低下させ、肝臓における解毒機能を向上させる働きがあり、動脈硬化の予防に有効とされています。あさりのの時期には、「タウリン」の量はさらに増大します。
ビタミンB12も非常に豊富で、ビタミンB12は、赤血球の生成や中枢神経の維持、脂肪の代謝、精神の安定、集中力、記憶力を向上させる働きがあります。
このほかにも、ビタミンB2ナイアシンビタミンEマグネシウムなどの豊富なビタミンミネラルが含まれています。その他にも、「グリコーゲン」という旨み成分は疲労回復効果があります♪
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
肝機能低下を解消するオススメエコレシピ
<あさりのチャウダー>
肝機能を向上させる「タウリン」を含む、あさりを使った、簡単でヘルシー、おいしいクラムチャウダーのレシピをご紹介します。
レシピイラスト
材料(6人分) 分量
牛乳 500ml
400ml
あさり 300g
(殻つきなら350g)
たまねぎ 1個 
にんじん 1本
セロリ 1本
ベーコン 4枚
バター 大さじ2
小麦粉 大さじ2
コンソメ 2個
塩、こしょう 適量
<作り方>
  1. 砂抜きしたあさりを水400mlで殻が開くまで茹でます(殻なしは沸騰したらOKです)。
    殻が開いたら、身と煮汁を別々にして、煮汁もとっておきます。
  2. たまねぎ、にんじん、セロリは5mm角に、ベーコンは1cm角に切ります。
  3. 鍋にバターを入れて、たまねぎを炒めます。たまねぎがしんなりしたらベーコンを入れてさらに炒め、たまねぎが透き通ってきたら、にんじんとセロリを入れて、ざっと炒めます。
  4. 3.に小麦粉を加えて、炒め合わせます。
  5. 4.にあさりの煮汁を少しずつ加えて、混ぜ合わせ、コンソメを入れて、鍋にふたをして、弱火で野菜が柔らかくなるまで煮ます。
  6. 5.にあさりと牛乳を入れて、ひと煮立ちしたら、味を見て、塩とこしょうで味をととのえて出来上がりです。
普段、家にある材料で気軽に作れるのが嬉しいわ!
きのこやブロッコリー、じゃがいもなど、他の野菜をいろいろと入れてもおいしそうね! 早速、今晩、試してみましょう♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。