INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

赤ら顔 成人女性に多いトラブル

肌寒くなってきて、肌の赤みが気になるわ・・・
食事で改善できないかしら?
赤ら顔ってどういうもの?
赤ら顔とは、顔が赤くなった状態の総称のことです。北国の方は肌が白い分、赤い色が目立ち赤ら顔の方が多い傾向にあります。

赤ら顔は、血管拡張によるものや皮膚そのものの炎症によるものなど原因も症状も様々です。また、肌のバリア機能が低下すると肌トラブルを起こしやすくなり、赤ら顔にもつながってしまいます。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『肌のバリア機能はサランラップ1枚の厚さ!?』


皮膚は肌の水分保持や外部から異物が侵入するのを防ぐ役割をしています。皮膚の厚さは体の部位により異なり、一番厚いのは足の裏の皮膚で、一番薄いのは瞼(まぶた)の皮膚といわれています。
肌のバリア機能を担っているのは表皮の一番外側の角質層です。顔の皮膚の角質層はわずか0.02mmの薄さ(ランラップ1枚程度の厚さ)ですが、細胞が10〜20層も積み重なっていて、うるおいをたくわえ乾燥と外部刺激から肌を守っています。バリア機能が低下すると肌に炎症が起こりやすくなってしまいます。
健康管理士からのワンポイント
正常な肌とバリア機能が低下した肌
水分が十分に保たれ刺激を受けにくい   角質層に隙間ができ、刺激が入り込みやすい
水分が蒸発しやすく皮膚が乾燥している
 
     
どんな症状が現れるの?
文字通り、顔が赤くなります。人によって赤くなる部分が異なり、顔全体が赤くなる人、頬だけの人、鼻の周辺や目の周りが赤くなる人など様々です。
また、赤く腫れたニキビや顔がかぶれたことにより肌に赤い炎症を起こします。
症状
何が原因なのかしら?
赤ら顔になる原因には下記のものが挙げられます。

  • 皮膚の薄さ
  • 過剰なスキンケアと摩擦による刺激
  • ニキビによる炎症
  • 乾燥肌
  • 皮脂による炎症
  • 気温や体質などによる毛細血管の拡張
  • アルコールや香辛料などの過剰摂取
  • 遺伝
  • 緊張などの精神的なこと
※そのほか病気が関係して赤ら顔になることもあります。
皮膚とは「内臓の鏡」ともいわれるほど密接な関係をしているので、内臓疾患を抱えていると赤ら顔の症状がみられることもあります。
どうしたら予防できるの?解消法は?

生活上の注意点

    • 十分に睡眠をとりましょう
    • 腸内環境を整えましょう
    • 水分を取ることで体内の老廃物を外に出してあげましょう

スキンケア

    • 肌を守るために保湿をしましょう
    • 洗顔料は刺激の少ないものを使用しましょう
    • タオルは柔らかいものを使用しましょう
    • ピーリングやマッサージのしすぎはやめましょう
    • 紫外線対策をしましょう

食事

不規則な食事は肌の代謝機能や血液循環に影響を与えます。バランスのよい食事はもちろんのことビタミンミネラルを積極的に摂取するとよいです。

  • 動物性脂肪を摂りすぎないようにしましょう
  • 脂っこいもの、辛いもの、甘い物、香辛料、アルコールをできるだけ控えましょう


−しわを改善してくれる 栄養素−
栄養素 作用 主な食材
ビタミンA 新陳代謝の促進 レバー、あんこうきも、うなぎ、春菊
ビタミンC 色素沈着の防止 ブロッコリー、ほうれん草、じゃがいも
ビタミンE 血流促進、炎症抑制 アーモンド、すじこ、かぼちゃ、赤ピーマン
     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


赤ら顔にオススメなのは春菊で、は、11〜3月です。
春に花を咲かせる菊ということから、春菊と呼ばれるようになったといわれています。
β−カロテンはほうれん草や小松菜を上回る含有量でビタミンAに換算すると成人女性が1日に必要とする量の2/3を含んでいます。そのほかにも、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンCビタミンKなどのビタミンや食物繊維、カリウムカルシウムなどのミネラルもバランスよく含んでいます。また、独特の香り成分は胃腸を活性化し、食欲増進や消化促進の働きがあります。
春菊は古くから漢方の原料に使われていて、回復力や抵抗力を高めるため「食べる風邪薬」ともいわれています。
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
赤ら顔の方にオススメエコレシピ
<春菊のごま和え>
春菊は収穫から時間が経つほどビタミンが減少してくるので、なるべく食べる日に購入するようにし、ごまはいりごまより、すりごまを使用した方が栄養成分の吸収が高まります。
今回はビタミンミネラルがバランスよく含まれる春菊と美肌効果のあるごまを使って春菊のごま和えを作ってみましょう♪
レシピイラスト
材料(2人分) 分量
春菊 100g
(A) すりごま 大さじ1
砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ2
小さじ2

エネルギー(1人分):94kcal
<作り方>
  1. 春菊を洗ってさっと茹で、3p幅に切る。
  2. (A)を和えて出来上がり♪
春菊ってお肌にとってもよいのね!
今日から肌質改善に努めて肌活しなくっちゃ♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。